Daily Cafe(月)担当の佐藤明子です😊
2019年最後の12月29日のDaily Cafe(月)トピックライブラリーは、「レインボーアドボケイツ東北」代表の小浜耕治さんをスタジオにお迎えしてお話を伺いました。
「レインボーアドボケイツ東北」は、多様な性(LGBT)のシンボルのレインボーとアドボケイツ(政策提言という意味)を組み合わせたネーミングで、多様な性について行政や企業や学校に提案していく市民団体です。2015年に渋谷区で同性パートナーシップ制度が導入されたことをきっかけに仙台でも団体を作ろうということで「レインボーアドボケイツ東北」が結成されました。


小浜さんは、1992年から多様な性(LGBT)に関する活動をしてきました。特に2011年東日本大震災で大変な思いをしている状況の中、小浜さんは、自分のことを話しながら自分らしく生きていく力を持っていかないといけないと思ったそうです。震災をきっかけに性的マイノリティの小さなグループがたくさんできて、さらにそのグループを繋げて何か活動ができないかと考えたそうです。

小浜さんは、1992年の活動当初から現在までの変化は、多様な性に関する情報は報道やドラマなどで発信されているけれど、正しく理解してくれている人がどのくらいいるのか見えにくいのが現状だと感じているそうです。興味を持ってくれたり多様な性への理解は進んで点在してきてはいるけれど繋がっていないと思うので、さらに繋がっていく必要性を感じ、そういった方と一緒に活動をしていくためにもその点を結ぶ「プラットホーム」的な存在になっていきたいと小浜さんは思っているそうです。

小浜さんは、仙台市とのにじいろ協同事業でイベントをしたりしています。ボランティアが50人ほど集まってきていて、そういう場が広がっていって、仙台という街で何か発信していければと思っているそうです。また、LGBTの方たちの理解者という意味の言葉「アライ(ally)」。「私は分かっています」ということを発信していくことも、点を点で結ぶためにも必要な行動だということです。(私自身もアライだと認識しました。)
現在、同性パートナーシップ制度は、東北ではまだ導入されているところがありません。「皆さん関心は持っているようなので、もう少し議論する機会が増えて、保守・革新関係なく、みんなが一緒に考えていく問題にしてほしい」と小浜さん。

宮城学院女子大学で今年9月「トランス女性の受け入れ」についての「共生のための多様性宣言」がされ、2021年度からの学部の入学者で受け入れを開始すると発表されました。大学主催で多様の性をテーマに講演会を開いたり、多様な性(LGBT)への理解が広がる様々な動きが出てきて、受験生にとって選択肢の幅が広がるということはとても大切なことだと思います。

今年の10月、県内の広瀬高校で、小浜さんはイベントボランティアの方と一緒に多様な性(LGBT)についての講演会を行い、多様な性とはどういうことかを、ゲイ・レズビアン・トランスジェンダーの当事者としてお話されたそうです。高校生の反応は、とても近い感じがしたそうで、小浜さんたちの話を身近な人の生き方として捉えてくれたとのではないかと感じたそうです。

多様な性(LGBT)のことは表に出てこないことが多いので、「点を線にしてプラットホームで繋げて広がっていくこと」が街づくりには必要で、多様な一人一人の声がちゃんと聞こえて届けらることが街づくりには大切で、性の問題はマイノリティの問題ではなくて、みんな性を生きているので、それぞれに性について声が上げられる社会になっていければと小浜さんは考えているそうです。主体的に街を変えていけるんだと手ごたえを持って動いていける状況が理想だということです。
「まだ途上なので、みんなに知ってもらって、共感してもらって、性って自分の中で大切なんだと感じてもらって、自分を大切にしていくんだと感じてもらって、様々なマイノリティの方と繋がってやっていきたい」と小浜さんはお話しされていました。

今後もDaily Cafe(月)では、「アドボケイツ東北」のみなさんからお話を伺っていく予定です。
Daily Cafe(月)トピックライブラリー 「レインボーアドボケイツ東北」_d0029276_15455482.jpg
「レインボーアドボケイツ東北」代表 小浜耕治さん








by fm797izumi | 2019-12-29 20:59 | ★ゲスト★

12月29日(日)

通常のプログラムで放送いたします。
by fm797izumi | 2019-12-28 16:36 | ★fmいずみからのお知らせ★

12月28日(土)

◆放送休止の番組

「サタデードライブマーケット」

他のプログラムは通常通り放送いたします。
by fm797izumi | 2019-12-27 16:33 | ★fmいずみからのお知らせ★

リスナーのみなさまへ

いつもfmいずみの番組をお聴きいただきありがとうございます。
年末年始の放送スケジュールについてお知らせです。
下記の期間は特別編成となり、通常の番組がお休みいたします。(一部除く)

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

・「リスラジ」でお聴きの方へ  番組休止の時間はサイマル放送も休止となり、音声が放送が停止いたします。
・これまでPCでお聴きいただく「サイマルラジオ」は12/28から停止させていただきます。PCのかたも「リスラジ」でお聴きください。
by fm797izumi | 2019-12-27 12:31 | ★fmいずみからのお知らせ★

パソコンでfmいずみの放送を聴くことができる「サイマルラジオ」への配信サービスが2020年1月5日終了いたします。
パソコンでfmいずみを聴く方は、今後「リスラジ」にてお聴き下さい。

◆リスラジ http://listenradio.jp/

※聴くためにはお使いのパソコン最新のAdobe Flash Playerが必要です。


by fm797izumi | 2019-12-25 15:04 | ★fmいずみからのお知らせ★

Daily Cafe(月)担当の佐藤明子です😊
12月9日のトレンドナビのコーナーに、性教育を考える会@仙台代表の北山潔さんにスタジオにお越しいただき、お話を伺いました。
市民団体として、仙台で性教育を進めていくことを考えている、性教育を考える会@仙台。
12月1日に3回目の学びの会を開催し、第一部では、仙台市内の特別支援学級での性教育の授業について紹介し、実際に学校の先生に来ていただき、簡単な模擬授業がありました。
第二部では、ワークショップ・フリーディスカッションとして、性教育を考える会@仙台のミッションでもある「性で幸せになるとはどういうことか」「性で不幸になるとはどういうことなのか」というテーマで、グループで話し合いをしました。
「性の不幸」としてまず挙げられたのは、「予期せぬ妊娠」「性感染症にかかる」などでした。
その次に、「自分の意に沿わない形で性の経験をしてしまう」「望まない性的な接触」と言った、自分の考えや希望や意志が叶えられない場合が「性の不幸」という話になりました。
「性の幸せ」として挙げられたのは、愛する人と心も体も一つになれ、結婚するしないは別として、妊娠することを望んで実際に妊娠出産して子育てをしていくということが一つの幸せではないかという意見や、中には子育てをすることだけが幸せなのか?不妊で悩んでいる人もいるから必ずしも子育てしなくても幸せがイコールではないと思うといった意見もあり、一人一人性の幸せの定義が違うんだという話になりました。「これが性の幸せだ」と一つの決まった形があるわけではないと、改めて確認することができました。
来年2月23日(日)第4回の性教育を考える会@仙台の学びの会を開催します。第一部は避妊の一番の基本になる「コンドーム研究会」を開催します。世の中には様々な種類のコーンドームがあるので、実物を実際に手に取って、形や機能について学んでいこうということです。家庭や学校ではなかなか実物を使って、正しい避妊の仕方を教わる機会がないので、間違った使い方で予期せぬ妊娠につながる危険があります。使うのは男性ですが、妊娠するのは女性です。避妊を男性任せにするのではなく、女性もコンドームの購入や装着を積極的に関わって考えていく習慣をつけてほしいとのことです。具体的に話をしていくことが必須で、中高生から大人まで必要なことだと思われます。
第二部では、フリーディスカッション・性のカタリバで「なぜ性を語ることに恥ずかしさを感じる人が多いのか?」というテーマで話し合います。
家庭や学校、カップル間で、性がタブー視されていることが多く、なぜタブー視されるのか考えていこうということです。

第4回学びの会
2020年2月23日(日)13:30~せんだいメディアテーク7階会議室Aで開催されます。
事前の申し込みをお願いします。下記からお願いします。
最近のトピックス「性暴力・性虐待」の被害がマスコミでも取り上げられていますが、これは氷山の一角で、まだまだ被害を受けている方が多くいると思われます。
被害者を守るうえでも、警察や相談窓口や友人など相談を受けた方は、まず被害者の気持ちに寄り添いながら丁寧に話を聞いてほしいと北山さん。女性だけではなく、男性でも被害を受けている方もいます。男性だからと言わずに、聞く側の人はきちんと対応してほしいとのことです。
性暴力など性被害にあった方は、どんなことでも構わないので、電話「#8103」全国どこでも24時間受け付けていますのでお電話してください。
次回の「性教育のお話」は、2020年2月17日(月)14:20からです。皆さんからのご意見もお待ちしています。
下記のエフエムいずみのフォームからメッセージをお寄せください。お待ちしています。一緒に考えていきましょう。
Daily Cafe(月)性教育のお話_d0029276_11252981.jpg
性教育を考える会@仙台代表北山潔さん







by fm797izumi | 2019-12-18 11:20 | ★ゲスト★

This is LAST

12月17日(火)「Daily Cafe」ゲストは
「This is LAST」のみなさんでした。

ギター、ボーカルの菊池陽報さん、ベースのりうせいさん、ドラムの鹿又輝直さん
による3ピースロックバンド。
千葉県柏市出身で、2018年5月に結成されました。
先月20日に初の全国流通盤「aizou」をリリースしたばかりで、
その中の1曲「愛憎」のミュージックビデオが
20万回以上再生されるなど今注目集めつつああります。
昨日16日に仙台MACANAでアルバムリリースツアーの仙台公演が行われました。

初来仙となったThis is LASTのみなさん、番組ではグループ名の由来、
仙台について、前日のライブ、そして発売されてばかりのアルバムについて伺いました。

年明けもリリースツアーが続きます。
名古屋、大阪、ツアーファイナルは東京渋谷にて開催予定!
また今後も仙台にたくさん来ていただけるとのことでした。

ライブやリリースなどの最新情報は
This is LASTのオフィシャルHPをご覧ください!

This is LAST_d0029276_14192451.jpg

by fm797izumi | 2019-12-17 14:20 | ★ゲスト★

アルカラ

12月13日(金)「Daily Cafe」ゲストは
アルカラのボーカル、ギターの稲村太佑さんでした。

fmいずみ初登場となりましたアルカラ。
メンバーは本日お越しいただいた稲村さん、ベースの下上貴弘さん、
ドラムの疋田武史さん。
2002年7月に神戸で結成。2008年に1stアルバム「そうきたか」を発表。
2011年7月にアルバム「こっちを見ている」でメジャーデビュー。
今月11日(水)に10枚目のアルバム「NEW NEW NEW」をリリースしたばかり。
なんとこの日は稲村さんの誕生日でもありました!

番組では、バンド活動のいままでとこれから、アルバムについて、
仙台に関するエピソード、今後開催されるイベントについて伺いました。
稲村さんへの誕生日プレゼントもまだまだ受付中とのことです!

年明け1月15日(水)に稲村さんのみ出演のイベント、
4月11日(土)にはアルバムツアーの仙台公演が開催予定!
開場はどちらも仙台MACANAです。

ライブの詳細やその他の最新情報は、
アルカラのオフィシャルHPをご覧ください!

アルカラ_d0029276_14364278.jpg

by fm797izumi | 2019-12-13 14:38 | ★ゲスト★

第112回番組審議会議事録

                第112回番組審議会議事録

1 開催年月日  令和元年11月25日(月)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席  委員数 6名  出席委員数 4名  放送事業側出席者 2名
4 議題    (1)番組審議 (2)その他
5 議事の概要  議題(1)についての審議
6 審議内容
  今回審議した番組は、毎週火曜~木曜日18:00~18:58で放送している生放送番組「Dream Step」木曜日です。パーソナリティは、大学生の佐藤舞花さん。10月から新しく番組を担当しています。この番組は学生や地元で活動するアーティストを応援するためにチャレンジ枠として、若いパーソナリティに担当してもらっています。自分の夢実現、ステップアップに役立ててもらっています。本日審議していただくのは、11月22日(木)に放送した番組です。番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の通りです。

【番組の感想とご意見】
「パーソナリティの声はとても聴きやすい、いい声だと思います。」「一生懸命話しているのがわかり、真面目な性格な人だと思う。」「話題をたくさん用意して、時間いっぱい、休まずしゃべっていて一生懸命話をしているのが伝わった。」「エンディングのトークで自分の体験したことや感想、やってみたいことを話していて、パーソナリティの人となりが分かって気がしてよかった。」
一方で、今後の番組への要望として
「BGMが全体的に大きかったのが気になった。」「BGMのボリュームが大きくて、声が聴きとれないところがあった。」「BGMは、テンポも速い曲。もう少しゆっくりのほうがいいのでは。」「BGMが大きい。テンポが同じような曲が多いので、話に合わせてBGMを選ぶ、音を絞る、音の大きさといったメリハリをつけたほうが、もっと本人もしゃべりやすいと思います。」「河北新報の記事を紹介するコーナー、資料をただ読んでいる感じ。ただ読んで紹介するだけでは、パーソナリティーの人となりがわからない。せっかくやるのだから自分の感想とか学生の目線での話をするなど、個性がわかる話をしたほうがいいと思う。」「せっかくお店に取材いったらなら、お店の方にインタビューするなど、パーソナリティの声以外の声も入る工夫があっても良かったのではないでしょうか?」
「朗読のコーナー、物語の途中で終わっている。今後も続くのかどうなのか、気になった。時間の制限あるかと思うが、聴いていて内容が消化しきれなかったので、今後どうなるのか紹介していただきたかった。」「朗読のコーナー、途中で話を終わらせるのは失礼だと思う。だったら、朗読するのではなく、その作品の紹介をしたほうがいいと思う。」「朗読のコーナーで、朗読を10分するのは長いと思う。あらすじを紹介したり、一部分を読むなどして、短く紹介するほうが聴いている人は楽だと思う。毎回朗読聴くのは大変だし、朗読するほうも大変だと思った。」「大学3年生なら今後の目標とか今後どうなりたいということを話してもらったり、趣味の話やエンディングで話していた自分が体験した話などをもっと引き延ばしたり、と自分の話を聞きたいと思った。」「一人でしゃべっているので、たまに他の人の声が入れたり変化があるといい。お店にいったときとか、自分の声でもいいので録音したものを使うなど音質が多少悪くてもそのほうがいいと思う。」「1時間の中に話題が豊富なのはいいが、資料を読んでいる部分が多いと思うので、少し情報を絞って、自分が見たり体験した話をしたほうがもっと良くなると思う。」「もう少し軽く、ゆったりとしたほうが佐藤さんの声は聴きやすくなるのではないか。」「内容は盛りだくさん、いっぱい紹介していると思う。それもいいが、全体的に情報のボリュームを絞って、軽くしたほうが、もっと佐藤さんの魅力がでるような気がした。」「市民センターと学生の連携講座の話、学生向けの呼びかけだったので、他の年代の人は関係ないのか、わかりづらかった。」といった意見もいただきました。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
  番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(令和元年12月5日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
  ・放送番組の中で公表 
  番組名 「Daily Cafe」日時 令和元年12月10日(火)15:12頃~
  ・ホームページに掲示

9 その他の参考事項
  特になし
by fm797izumi | 2019-12-12 20:02 | ★番組審議会★

12月11日(水)「DreamStep」に「宮城学院クリスマスマーケット」のお知らせで担当される学生のみなさんがスタジオに来てくれました!パーソナリティの川田さんとイベントの紹介だけでなく楽しいトークを披露してくれました。
第6回宮城学院クリスマスマーケット開催!!_d0029276_18273421.jpg

クリスマスまでの4週間、ドイツを中心に開催される「クリスマスマーケット」。
「宮城学院クリスマスマーケット」は、本場の魅力を再現したクリスマスマーケットを12/15(日)11:00~17:00に開催!

今回はBRANCH仙台のクリスマスマーケット会場へも行き来できるシャトルバスを運行します。
お菓子やグッズ販売、家族や友だちと楽しめるワークショップ、コンサートがいっぱい!
毎年大人気の「楽器体験」や「宮城学院中学校高等学校イベント」も行われます。
「ほんもののクリスマス」を、ぜひ宮城学院でお楽しみください!
(詳しくはこちら


「宮城学院クリスマスマーケット」、是非参加してみてください!!
by fm797izumi | 2019-12-12 18:24 | ★イベント告知★