<   2019年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

第111回番組審議会報告

第111回番組審議会議事録

1 開催年月日  令和元年9月30日(月)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席
  委員数 6名  出席委員数 4名
出席委員の氏名 冨樫通明 米本正広 小野理恵 豊島亜沙美
 欠席委員の氏名  伊藤賢次 山田富美子
 放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博  堀籠和幸

4 議題    (1)番組審議
        (2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容
今回審議した番組は、毎週水曜日19:30~19:58で放送している『賢ちゃんゆかりちゃんのいとしのサザン』です。パーソナリティは、秋葉 賢也さん、アシスタントは、サザンオールスターズ応援団仙台支部支部長の佐藤ゆかりさんです。他にその時により応援団(ファンクラブ)のメンバーがゲストで来てくれます。
fmいずみで開局初期の頃から、半年から1年ぐらいの期間ずつ、秋葉賢也さんがパーソナリティをつとめ、サザンオールスターズの楽曲(ソロ、メンバーの楽曲も)のみを紹介する番組として、長年続いていた番組番組「賢ちゃんのいとしのサザン」。
その番組に、震災後サザンオールスターズ応援団仙台支部支部長の佐藤ゆかりさんが参加し、ファンクラブの方など、ゲストも増えて紹介できる情報量も増えて、全国のサザンファンに聴いていいただいております。
番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の通りです。

【番組の感想とご意見】
番組審議委員から良かった点として、「昔聴いたことがあったが、その時は一人、今回は3人で賑やかな感じがしてよかった。」「テーマを決めて、選曲するのはいいと思う。」「本当にサザンの曲だけを紹介するので驚いた。」「選曲はいいと思った。」「構成は良いと思う」
といった意見が出ました。一方で、「最初の挨拶をもう少し丁寧に。それぞれの関係性や立場を説明しないと、聴いている人は良くわからない。その後の話もそれがわからないから少し不明なところがあった。」「誰がメインで、だれがアシスタントなどそれぞれの立場を最初に説明してほしい」「曲をたくさんお届けするのもいいが、途中できらずに1曲の最後まで聴かせてもいいのかとも思った。」「身内だけで盛り上がる話題ではなく、リスナーもわかるように説明があるといい。」「リスナーからのメッセージをもう少しメインに紹介したらいいのでは。」「話がいろいろ飛ぶことがある。聞いていてわからなくなる。できるだけテーマやメッセージに沿った話にとどめたほうがいい。」といった意見や要望もいただきました。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととし
た。(令和元年10月27日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
・放送番組の中で公表
番組名 「Daily Cafe」日時 令和元年10月23日(水)15:20頃~
・ ホームページに掲示

9 その他の参考事項
特になし
by fm797izumi | 2019-10-31 07:24 | ★番組審議会★

Daily Cafe(月)担当の佐藤明子です😊
10月28日のトピックライブラリーは、「赤ちゃんポストと子どものいのちを考える会@sendai」の発起人東田美香さんをスタジオにお迎えして、来月11月4日(月・祝)開催の第4回の活動のお話を中心に伺いました。

11月4日(月・祝)の第4回は、実際に特別養子縁組家庭で育ち、大人になった養子当事者のお二人をパネリストにお迎えして、「育ての親・生みの親への想い、制度の課題」についてディスカッションをして、「家族とは何か」を問いかける内容になっています。
11月4日(月・祝)13:30~15:30 会場は仙台市市民活動サポートセンターセミナーホールです。入場は無料で、関心のある方ならどなたでもご参加ください。
メールや電話による事前の申し込みが必要です。
お名前・ご所属(あれば)・電話番号・メールアドレスをご記入の上、下記までお願いします。
(3日前までに返信がない場合はお手数ですが、電話でお問い合わせください)
アドレス:akachanpostsendai@gmail.com
電話:東田さん 090-6781-9892

赤ちゃんポストと子どものいのちを考える会@sendaiでは、ホームページも作成しましたので、関心ある方はぜひご覧ください。
この会の結成の理由から、第1回・第2回・第3回の活動の内容も掲載されています。
生れてきたこどものいのちを守るのは、私たち大人です。社会で責任を持って子どものいのちを守っていくためには何が必要なのかを、私も考えていこうと思っています。





by fm797izumi | 2019-10-30 16:04 | ★ゲスト★

fmいずみから放送機器メンテナンスによる「停波」のお知らせです。


下記の日程で放送機器のメンテナンスの為、「停波」させていただきます。

実施日時  令和元年10月27日(日) 12:00~15:00(3時間程度)
※当日の作業状況により作業終了時間は変動いたします。

作業が終了しましたら、放送を再開させていただきます。

尚、通常のプログラムはお休みさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。
by fm797izumi | 2019-10-25 13:42 | ★fmいずみからのお知らせ★

Daily Cafe(月)担当の佐藤明子です。
10月21日のトレンドナビのコーナーでは、今年活動をスタートした「性教育を考える会@仙台」の代表の北山潔さんにスタジオにお越しいただき、お話を伺いました。

Daily Cafe(月)性教育のお話_d0029276_15213822.jpg
性教育を考える会@仙台 代表の北山潔さん

学生さんなど若い世代の方からの相談を受けている北山さん。一緒に飲みに行って話をすると、性にまつわる相談もされるそうです。よくよく話を聞いてみると、若い方たちが間違った性の知識を信じているように思い、性に関する正しい知識と情報の必要性を感じて、「性教育を考える会@仙台」を立ち上げたそうです。
たくさんの情報があふれているのに、インターネットの中では、かなり間違った性の情報があふれ、若い世代の親の世代も、正しい性教育を受けてこなかったので、大人も子供も正しい性の知識や情報を捉えていないのが現状だということです。
学校教育の場では、まだまだ十分な性教育をしているとは言い難く、生徒や児童はどうしてもインターネットの情報を教科書のように信じてしまうそうです。その結果、
中には、若い世代や大人も、ファンタジーの世界のAV (アダルトビデオ)などからの性に関する情報をもとに付き合う相手との性のコミュニケーションに求めてしまい、関係が上手くいかなくなって悩んでしまうこともあるそうです。
性教育で求められているものは、「正しい情報を伝えること」ですが、本来ならば、学校教育の場や家庭で性教育をしてくことが理想ですが、学校教育の現場では
様々な制約があってすぐに性教育の時間をもっと取れないのが現状なので、性教育を考える会@仙台は、将来公開講座を開催して子どもたちに正しい性の知識を教えたり、子育て中の親世代にも研修などをしていきたいと考えているそうです。
性・セックスを恥ずかしいことと捉えることなく、正しい知識や情報を得てほしいと北山さん。性に対する「恥ずかしい」などマイナスイメージを持たない思春期前の子どもたちに色々な性教育を始めることが必要で、性に対する意識を変えるためには、先入観を持っていない子どものうちから学ぶ必要があると考えているそうです。
そして、社会に蔓延る「性暴力・セクハラ・DV」の原因は、性教育の不十分から起因しているとも思われるので、そういった意味でも性教育は性差なくすべての人に関わってくる問題なので、今、まさに正しい性教育が求められています。
全国的に性教育の様々な活動の参加者の多くは女性のことが多く、男性の参加者が少なく、男性の方が恥じらいを持っていると思われるので、もっと多くの男性にも関心を持って意識を変えて、男性女性が共同参画して性教育も変えていくようになれるように、まずは子どもたちや若い世代の性教育をすすめて、それと同時に大人への性教育も並行して進めたいと考えているそうです。
今後は、月に1度のペースで勉強会や性を語り合う場を設けて活動していく予定だそうです。将来的には、幼稚園や保育園に通うお子さんたちに、性に関する絵本の読み聞かせをしてきたいと考えているそうです。
また、一緒に活動していく方を募集中とのことです。興味を持たれた方、関心を持たれた方は、下記の性教育を考える会@仙台までお問い合わせください。
Daily Cafe(月)では、今後も性教育を考える会@仙台の活動をご紹介しながら、性教育について考えていこうと思っています。
次回は12月9日(月)14:20からの予定です。どうぞお聴きください!








by fm797izumi | 2019-10-25 13:21 | ★ゲスト★

10月21日のDaily Cafe(月)のトピックライブラリーは、毎月第3月曜日ということで、整理収納アドバイザー山﨑真弓さんの「片づけのいろは」をお送りしました。

台風19号の被害が宮城県でも甚大なものとなっています。言葉がありません。
早めの避難で避難所に持っていくものや自宅で避難生活を送るときに必要なものなど、我々が「備えるべき物や事」は何かを考えました。

①非常持ち出し袋は取り出しやすいところにするなど、場所を決めておくこと。
②赤ちゃんがいたり、お年寄りなどがいる場合、これじゃないと困るもの(おむつ・薬・コンタクトレンズなど)を用意しておくこと。
③水(500ml)を人数分は最低持つこと。また、1日3ℓは必要と言われているので、飲み水は備蓄すること。
 お風呂の残り湯は、そのまま浴槽に張っておく。
④ローリングストック(備蓄の新しい方法。 保存食を備蓄しておくことも、もちろん大切なことではありますが、日常の中に食料備蓄を取り込むという考え方。 普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法)で、備蓄品を食べなれていることも大切で、お子さんがいるご家庭は食べなれているように、普段から食卓にあげることも心掛けておくこと。
④年に2回見直しをして、衣類も入れ替えると季節に合ったものを入れ直せるので、見直しの時に食品も賞味期限をチェックしておくこと。
⑤想像力を働かせて、想定してみることが大切。

水害の時の片づけで気をつけることは、水をかぶったもの(濡れた畳や家具など)は水で洗い流すことが大切です。というのも、下水から逆流してきている水は不衛生なので、水で流せられなかったときは水拭きをしてよく乾かすことと、できるならば、塩素系の消毒液を薄めて消毒することをおすすめします。

台風15号では強風で停電が長い間続きました。停電で傷んだ食品や水をかぶった食品は、日中との温度差がある場合は傷みやすいので、もったいなけれど処分するようにしてください。
断水後の水道水も、水道局からの連絡がありますが、飲用の水の場合は確認してから飲むようにしてください。

「備蓄品を置く場所がない」ということで、「備蓄しない!」という声があります。命を守るための備蓄をするためにも、日頃の片づけが大切です。片づけをして備蓄のための場所を確保しましょう。また、備蓄品も2階建ての戸建ての場合は、一階と二階に分けて備蓄することも大切です。そして、その備蓄も、家族で話し合って、何をどこに備蓄しているのかを共有して覚えておくことも大切です。

もしもの時の備え。今一度、想像力を働かせて、一人一人が考えて行動することが求められています。みなさんも、一緒に考えて行動に移しましょう。



by fm797izumi | 2019-10-23 15:09 | ★ゲスト★

ナターシャ・プレシコフ

10月23日(水)「be A-Live !」
ゲストは、劇団「ナターシャ・プレシコフ」の
演出家の高江智陽さん、女優の蒼井彩乃さん、小笠原章江さんでした。

「ナターシャ・プレシコフ」は今年の1月に設立された、
仙台を中心に活動する劇団です。
番組では、「ナターシャ・プレシコフ」についてや、
11月末から12月頭にかけて予定されている
第1回公演「楽屋」についてあらすじや舞台の見どころなどをお伺いしました。

ナターシャ・プレシコフ第1回公演「楽屋」は、
11月29日(金)1回目 16:00 2回目 19:00
11月30日(土)1回目 14:00 2回目 19:00
12月1日(日)1回目 11:00 2回目 14:00
の3日間、せんだい演劇工房10-BOX box-1にて開催予定です。
チケットは前売当日共通で、一般3,000円、学生2500円。
チケットの予約、お問い合わせは、
ナターシャ・プレシコフのオフィシャルHPをご覧ください!

ナターシャ・プレシコフ_d0029276_12211917.jpeg

by fm797izumi | 2019-10-23 12:22 | ★ゲスト★

毎週第1・3日曜22:00~放送中の「田宮俊彦のLetitB.B.」ですが、
今月は第3週放送分を下記の日程に変更して放送させていただきます。

◆変更後の放送日時

10月27日(日)21:00~22:00 

いつもより1時間早くなるので注意してください。
by fm797izumi | 2019-10-20 10:46 | ★番組からのお知らせ★

10月16日(水)「be-A-live!」に療法人社団 喜英会 加瀬ウェルネスタウン から草刈さんと我妻さんに来ていただきました。10月21日(月)に行う東日本大震災と熊本地震でなくなった方や被災された方への供養、励ましの意味を込めたイベントを開催されるとのこと、お話を伺いました。
   
加瀬ウェルネスタウンは、・ 利府町にある介護老人保健施設。介護施設だけでなく、保育園、託児所、クリニックといった施設の中に街並みを備えていて、加瀬商店街としてカフェ・理美容室・駄菓子屋・図書コーナーが入っています。
お二人はそこで勤務されています。。

その加瀬ウェルネスタウンが主催となり、無料イベントを行います。

「東日本大震災及び熊本地震 追悼 ~悠久の彼方へ~」
主催 加瀬ウェルネスタウン
開催日時 2019年10月21日(月) 開場 18:00 開演18:30(2時間程度の予定)
会場 仙台銀行ホール イズミティ21 
入場 無料(予約なし)

プログラム
・熊本から 「山鹿灯篭の舞(やまがとうろうのまい)」
・東北の踊り 「西馬音内盆踊り(にしもないぼんおどり)」
先祖の供養の意味をもつ舞、踊りをみていただき、東日本大震災や熊本地震で被災されたかたや
亡くなられた方への思いを心ひとつにして、追悼をしようという試み

以前は、名取閖上地区で、熊本から「山鹿灯篭の舞(やまがとうろうのまい)」を招いて、開催した。
被災された地域のみなさんへの励ましとなり喜んでいただいた。との体験と、
東日本大震災の時も被災された方を受け入れた縁もあり、こういった企画を行われたそうです。
どなたでもかまいません。一緒に踊りをみて鎮魂への想いをみんなで共有しましょう。

加瀬ウェルネスタウンについて、イベントの詳細は こちら

無料のイベントです。どうそみなさまご参加ください。
by fm797izumi | 2019-10-17 22:54 | ★イベント告知★

本日は台風19号の影響により、19時以降のプログラムを一部変更して放送させていただきます。

▼下記の番組は予定通り放送いたします。

23:00 凛の聴いてくれてありがとうラジオ (パーソナリティ 凛)
23:00 三日月を紡ぐ物語 (制作 crescen's Ais )

台風情報など随時放送していきます。

情報を収集し、安全な行動、命を守る行動をお願いいたします。
by fm797izumi | 2019-10-12 19:24 | ★fmいずみからのお知らせ★

榊原大さん

10月11日(金)「Daily Cafe」
15時台のゲストは、ピアニストの榊原大さんでした。

東京藝術大学出身で、在学中にインストゥルメンタルバンド「G-クレフ」を結成。
90年にはインストゥルメンタルバンドとして初めてNHK紅白歌合戦に出場。
2001年に本格的にソロ活動をはじめ、
これまでに11枚のアルバムをリリースされています。

今年デビュー30周年を迎え、
7月10日にオリジナルアルバム「Natural」をリリースされました。
現在、30周年アニバーサリーツアー「Natural」を開催中です!

番組では、30周年を迎えた音楽活動について、
アルバム「Natural」についてや、アニバーサリーツアーについて伺いました。

アニバーサリーツアー「Natural」の仙台公演が今月22日(火・祝)に
ピアノサロン REFRAINにて開催予定です!
その他の最新情報などは榊原大さんのオフィシャルHPをご覧ください!

榊原大さん_d0029276_15352946.jpg


by fm797izumi | 2019-10-11 15:36 | ★ゲスト★