第107回番組審議会報告

107回番組審議会議事報告

1 開催年月日  平成301217日(月) 午後7時~

2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)

3 委員の出席  委員数  6名  出席委員数 4

4 議題      (1)番組審議 (2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容

今回審議した番組は、毎週土曜日1100112828分間放送している番組「せんちゃん、ひろちゃんのタッチダウントーク」です。20187月からスタートしたこの番組は、その時のタイムリーな話題をテーマに面白おかしくトークしたり、仙台に暮らしているから気になる事、日常の何気ない出来事だけど考えてみたら?(はてな)が沸いてくる。そんなネタから、世界へ発信したい地域情報までを探りながら、リスナーに楽しく過ごせる時間をお届けしている番組です。トークの合間には、ちょっと懐かしい歌も、その時のネタに合わせて1~2曲紹介しています。

今回審議をしたのは1215日(土)に放送された番組です。

番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の通りです。

【番組の感想と意見】

良かった部分として、

「初めて聞いたが、男性二人の掛け合いがスムーズだった。」

「何かをしながら聞くのは難しい、じっくりと聞くのが面白い、情報量が多い番組。」

30分の番組としては、紹介されている情報量が多い番組。充分すぎる」

「男性二人の声が聞きやすくて、良い番組。構成もOK、問題ない。」

「二人の掛け合いがよく、30分がちょうどいい長さだと感じた。」

「選曲は良かった。2曲だったが3曲ぐらいでもいいと思う。」

「ひろちゃんの声は、ラジオ向きの声、ただ少ししゃべりが早口かもしれない。それでも聞き取りやすいが。相方のせんちゃんも聞き取りやすかった。二人とも良い声。」

「話題も、季節や地域に関係したことをとりあげようという意識が感じられて良い」

「イチゴが話題は季節的に良い。泉区でもイチゴ狩りができる情報は良かった。もういっこなど仙台に関係ある品種などもっと前面に出すと地元の人向けにはもっとよかったかもしれない。」

「イチゴの話題だったが泉区の農園の話で、興味をもった。地元に絡めて話題を進めることは良い方法だと思う。自分は知らなかった話題なので、もう少し詳しい情報があっても良かった。」

「紹介された農園には行きたいと思っている。地元のことを取りあげる話題は良い」

「文句のつけようがない番組」

「番組が長く続くなら、また番組審議会で聞いてみたいと思った。」

一方で、

「トークの時のBGMが少し高いかも、と感じた。少し低くしたほうが話がよく聞こえる」

BGMのテンポが速いかもしれない。もう少しゆっくりのBGMのほうが、トークにはあっているのでは。二人も早口なので、少し落ち着かない」

「番組で想定している年齢にしては、選曲が少し古いかなと思った。」

「イチゴの他にりんごも話題がでたが、申し少しふくらませてほしかった。ちょっと話が中途半端に

なっていた。いい話なので、残念。」

「後半にひろちゃんが話すときに、話が急に変わって別な話になっている。話題が豊富で面白いのだが、あまりいろいろ話が飛ぶよりはひとつのテーマで話を通したほうがわかりやすいのでは。」

「イチゴをテーマに話すなら最後までイチゴの話で通してほしかった。りんごや他のくだものを差し込むより、泉でイチゴ狩りができる農園の話をもう少し詳しく紹介するほうが良かったと思う。」

「ひろちゃんが、色々な話題ができるので、話が広がりすぎないようになど相方のせんちゃんがもう少しコントロールしたほうがもっと良い感じになるのでは。」

「面白いが、情報量は少し絞ったほうが、わかりやすくていいのでは。」

「話のテンポが早い。50歳以上の年配の人には、話についていくのが、難しいかも」

「いちごの話題で集中するのなら、もう少しイチゴ狩りの話題を詳しくやったほうが良かった。」

「農園の情報を紹介するときに、農園の人の声が入ればもっと良くなる。またリスナーの反応などもあれば良い。」

「二人の話す量を、もう少し分担してもいいのでは。今回は82ぐらいの割合でひろちゃんが話している。できれば64ぐらいの割合でいいのではないかと思う」といった意見も審議委員から出ました。


今回の番組審議会での審議内容を番組制作者に伝え、今後の番組制作に反映させていただきます。


by fm797izumi | 2019-02-06 17:40 | ★番組審議会★