第101回番組審議会

101回番組審議会議事報告

 開催年月日  平成3022(月)午後時~

2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)

3 委員の出席

  委員数      6名

  出席委員数   4名

出席委員の氏名   冨樫通明  伊藤賢次  小野理恵 米本正広 

  欠席委員の氏名   山田富美子  豊島亜沙美

放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博  堀籠和幸



 議題    (1)番組審議

         (2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容

今回審議した番組は、生放送番組「DreamStep」です。この番組は、毎週火曜から木曜の夕方に、夢をかなえようと頑張っている若者を応援することを目指し、日替わりの番組パーソナリティが、自身の活動の紹介、夢に向かって頑張っている人やそれを応援する情報を自分でセレクトした音楽とともに紹介しています。若者の活動を応援するために番組ゲストとして出演していただくこともあります。番組パーソナリティも学生、若手のMC、地元で活動するミュージシャンが曜日ごとに担当しています。今回は火曜担当の学生パーソナリティ近光流くんの番組を審議していただきました。審議したのは116日(火)に放送した番組です。

番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

【番組の感想とご意見】

「学生の近くんらしく、テンポ良く、進んでいる。内容もボリュームがあり、バラエティ豊かで面白い。」「知らないことを教えてくれる。勉強して、自分の言葉に直して、しゃっべているので、わかりやすい。年下の人だが、素直になるほどと、話を聞くことができた。」

「オープニングで、自身が体験した餅つきの話題。人柄がよくわかる内容で良かった。」「ゲストが出ていたが、対応や流れがスムーズでよかった。」「ゲストも話が上手で聞きやすい。仙台市内の各区で行われる若者支援の活動について、各区ごとの特徴が良くわかってよかった。」「市民センターがこういう活動をしているということを初めて知ることができた。」「どんと祭の話題、時期にあっている話題でよかった。タイムリーな話題を提供しようという意識がよい。」「毎年恒例の祭りの話題。以外と知らないことが多いんだな、ということを知ることができた。」CMで使われた曲を特集するなど、流行の音楽だけでなく、いろんな角度から選曲しているのが良い。」

「エンディングでもテストの話題があり、学生目線で放送されており、良いと思う。」「エンディングで、ゲストが紹介した若者の支援のイベントについて、学生だけではできないので、行政の協力が必要など、若者の立場で上手にまとめていた。若いのに素晴らしい。」「しっかりとしている。」


という意見が意見が出された一方で、


「全体的に早口。若いのでいいのだが、少しゆっくり話した方が、より良くなると思う。」「情報量が多い。少し内容を絞ってもいいと思う。」「話したいことがたくさんあるのはわかる。しかし、ひとつひとつがぼやけるので、少し的を絞って話題を紹介したほうが良い。」

「ゲストの話は、今後も追いかけて、その後どうなったかなど番組で教えてほしいと思った。」「どんと祭の話題は、全国の話だったので、もう少し宮城ではどのように行われているかと絞って紹介してもらったほうが、より興味が持てると思う。」「良い子だが、もっと良いパーソナリティになると思う。これからの頑張りに期待したい。」


といった意見が審議委員から出されました。


7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日

番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(平成30130日)


8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法日

・放送番組の中で公表 

番組名 「Daily Cafe 日時 平成30130日()120頃~

・ホームページに掲示


9 その他の参考事項

特になし


by fm797izumi | 2018-02-01 00:25 | ★番組審議会★