カテゴリ:★番組審議会★( 82 )

第27回番組審議会議事録

1.開催日時
  平成17年6月7日(火)午後7時~

2.開催場所
  泉区中央市民センター 音楽室1F

3.委員の出席 委員総数
 7名 出席委員数 4名
 出席委員の氏名
  大滝精一 高橋栄子 中村礼子 伊藤賢次
 放送事業側出席者氏名 
  専務取締役 放送局長 作間吉博 田中秀夫

4.議 題
(1)番組審議 (2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、毎週月~金曜8:00~11:30放送している朝の生放送情報番組
「Lady Go!」について審議が行われました。

「Lady Go!」番組内容
    毎週月~金曜 8:00~11:30 
    パーソナリティ 月~水:村林いづみ、木~金:江澤さおり

 午前中3時間半の生放送、朝の情報番組です。
 朝からアクティブに活動するリスナーを音楽と情報でバックアップし、泉区を中心とする様々な生活情報をお届けしています。朝から元気いっぱいで、さわやかな番組です。4月中旬から金曜を除く10時台のみラジオ3との2局ネット放送をしています。

 今回は6月2日放送パーソナリティ江澤さおりの内容を審議しました。審議ではパーソナリティの若々しい明るい声が朝の雰囲気に合っていると好評でした。しかし、「語尾か少し上がるのが気になる」「少し早口になることがある」などの意見もありました。その他にも「時刻や天気をまめに告知してくれるのが良い」「時間帯に合わせたBGMや話題の構成が良い」「地域のローカルな話題があり良い」「パーソナリティの身近な話題で人柄が解った」「緊急の火災情報も落ち着いて的確に状況をとらえて良かった」など好評な意見をいただきました。
 また、ゲストコーナーでは、レポーターの声が落ち着いていて聞きやすかったが、3人が交互にしゃべる場面があり少し混乱したという意見もありました。
 しかし、女性や主婦をターゲットにしているので「子育て」や「家事」などの話題があってもいいのでは、若干話題に対しての説明が不十分という意見が出されました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「Lady Go!」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で後日公表 
・演奏所及びホームページに掲示 
by fm797izumi | 2005-06-09 16:39 | ★番組審議会★

FMいずみ 第26回番組審議会

 放送番組審議会は、放送法第三条の四〔放送番組審議機関〕において設置が定められている機関です。その条項によると、「審議機関は、放送事業者の諮問に応じ、放送番組の適性を図る為必要な事項を審議するほか、これに関し、放送事業者に対して意見を述べることができる」機関とあります。つまり、FMいずみは番組に関して、その番組が適正なものかどうかをこの番組審議会に諮問し、また審議会は番組に対して意見を述べることができるというものです。 番組内容の充実・向上を目指すことを目的に、FMいずみでは放送開始の2000年3月に発足しました。現在各界7名の委員で構成され、定期的に開催される会議で熱心に意見が交わされています。

FMいずみ 第26回番組審議会
1.開催日時
  平成17年3月30日(水)午後7時~

2.開催場所
  泉区中央市民センター 会議室3

3.委員の出席 委員総数
 7名 出席委員数 5名
 出席委員の氏名
  大滝精一 高橋栄子 竹内宏治 中村礼子 伊藤賢次
 放送事業側出席者氏名 
  取締役事業部長 阿部清人 浅野千景

4.議 題
(1)番組審議 (2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、毎週火曜20:00~20:30放送、11:00~11:30再放送している音楽番組
「the revue」について審議が行われました。

<the revue番組内容>
毎週アルバムを1枚とりあげ、全収録曲を降順で紹介する音楽番組。
途中2曲、もしくは3曲ピックアップしてフルサイズでお届けする。
また、とりあげるアルバムは基本的に最新のリリースアルバム。
<ナビゲーター>
浅野ちかげ(編集:ベンジャミン斎藤)

今回は2月25日放送の内容を審議しました。審議ではパーソナリティの落ち着いた話し方と控えめなトーンが音楽に集中出来ると、評価されました。
その他にも「効果音をうまく利用している」「BGMのように聴くことも出来るが、途中ノイズのような効果音を使用していることで聴き手の注意をひいている」「30分ゆったりと聴くことが出来る」「部分部分に説明が入るため途中から聴いても理解できる」「全曲聴く事ができるというお得感がある」などと全体の構成と効果音の使用方法について好評な意見が出されました。
また、アーティストコメントが冒頭に入ったことについて「アーティストのイメージがわきやすい」「どんな曲を歌うのか、続きの全曲紹介を聴くのが楽しみになる」という意見が多数で、好評でした。
しかし「音量にばらつきがある」「少々単調」「アーティスト紹介をもう少し詳しくしてほしい」との意見も出されました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「the revue」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表 
 番組名  Come and Go!放送時間 2005年4月19日(火)
・演奏所及びホームページに掲示 
by fm797izumi | 2005-03-30 21:28 | ★番組審議会★

FMいずみ 第25回番組審議会

1.開催日時
平成17年2月8日(火)午後7時~

2.開催場所
泉区中央市民センター 会議室3

3.委員の出席
委員総数7名
出席委員数 5名
出席委員の氏名 大滝精一 高橋栄子 竹内宏治 中村礼子 伊藤賢次
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博 浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、月曜から金曜の夕方 17 時~ 19 時生放送している情報番組「トワイライトジャンクション」について審議が行われました。

<パーソナリティ>
浅原加奈子(月・火担当) 黒沼真里(水・木担当) 高橋亜由美(金担当)
今回は2月1日 ( 火 ) 放送の内容を審議しました。審議ではパーソナリティの知識の豊富さと新しい話題を数多く取り入れているトークが高く評価されました。
その他にも「取り上げる話題が夕方にふさわしく、問いかける話題を番組冒頭ですることにより聞き手が参加しやすい番組作りをしている」「心理テストで他のパーソナリティやスタッフの例をあげていることや、差し入れをいただいたことに対して「fmいずみスタッフには食いしん坊が多い」など表現が親しみやすい」「アクシデントから瞬時の切り替えしがすばらしい」などと好評な意見が出されました。

また、途中火災情報が入ったことについて「終始丁寧で落ち着いていて聞きやすい」「聞いていて安心する」という意見が多数で、好評でした。

しかし、夕刊から記事を紹介するコーナーでは「他の記事に移るとき、間がありすぎる」

「ゲストの声が聞き取りにくい」「 TSUTAYA コーナーは途中音楽を挟むなどクッションがほしい」との意見も出されました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「 トワイライトジャンクション 」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表  
 番組名 Come and Go! 放送時間  2005年2月24日(木)
・演奏所及びホームページに掲示 
by fm797izumi | 2005-02-08 20:19 | ★番組審議会★

FMいずみ 第24回番組審議会

1.開催日時
平成16年11月25日(木)午後7時~

2.開催場所
泉区中央市民センター 会議室3

3.委員の出席
委員総数7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名 大滝精一 高橋栄子 竹内宏治 中村礼子
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、仙台を中心に幅広く活動する"ウィリー佐々木"がパーソナリティを務めている30分間の音楽トーク番組「ウイリーズのアナロギッシュナイト」について審議が行われました。この番組は10月10日(日)泉ストリートフェスティバルにて行われ、12グループが出場した「fmいずみ番組争奪LIVE」にて争奪権を獲得した、ウイリーズによる番組です。他に2グループが争奪権を獲得していて12月17日より隔週で番組を担当します。隔週金曜日19:00~19:30に放送をしています。
<パーソナリティ>
ウィリーズ(11/5、11/19、12/3 担当)
Safty Blanket (12/17、12/31、1/14 担当)
千代史 (1/28、2/11、2/25 担当)

審議ではパーソナリティのテンポの良いトークが高く評価されました。
その他にも「パーソナリティの情報量の豊富さに驚いた」「落語のような話し方とテンポが親しみやすい」「トークとの絶妙なタイミングで入ってくる曲も、選曲ともに良い」などと好評な意見が出されました。また、「興味のある内容で次が楽しみ」という意見が多数で、聞き手をひきつける話術が好評でした。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「ウイリーズのアナロギッシュナイト」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表
 番組名  Come and Go! 放送時間 2004年12月9日(木)
・演奏所及びホームページに掲示 
by fm797izumi | 2004-11-25 20:21 | ★番組審議会★

FMいずみ 第23回番組審議会

1.開催日時
平成16年9月10日(金)午後7時~

2.開催場所
泉区中央市民センター 会議室3

3.委員の出席 委員総数
7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名 大滝精一 三好彰 竹内宏治 中村礼子
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博 、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、仙台を中心に活動するバンドグループ"festa"のメンバーがパーソナリティを務めている1時間のトークバラエティ番組「KID's Mischief」について審議が行われました。この番組は毎週土曜日22:00~23:00に放送をしています。

審議では番組全体の雰囲気とパーソナリティそれぞれのテンポの良いトークが高く評価されました。具体的には全体のまとめ方と、お祭りのようで聞いていて楽しくなるところなどが好評でした。
その他にも「リスナーのメッセージに丁寧に答えている」「男性3人の中で女性1人が入っているので聞きやすい」「それぞれが個性的でおもしろい」「ただの雑談にも聞き取れてしまうが、絶妙なタイミングでまとめに入っている」「番組最後のコーナー『魂の1曲』が番組全体を引き締めるような効果があり良かった」などと好評な意見が出されました。
しかし、「トーク中のBGMにばらつきがあり、聞き取れないときがある」「笑いで音質が悪くなる。笑いは音量も高くなるので調整すべき」「音楽の話題にもう少し触れたほうが良い」「番組全体でトークの時間が長すぎるように感じた。コーナー時間を気にして、さらに音楽をかけることによって切り替えと聞き手の休憩が必要なのではないか」という意見も出ました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「KID's Mischief」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表
 番組名 Come and Go! 放送時間 2004年9月16日(木)
・演奏所及びホームページに掲示   
by fm797izumi | 2004-09-10 20:26 | ★番組審議会★

FMいずみ 第22回番組審議会

1.開催日時
平成16年7月9日(金)午後7時~

2.開催場所
泉区中央市民センター 会議室3

3.委員の出席
委員総数 7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名 大滝精一 伊藤賢次 高橋栄子 中村礼子
欠席委員の氏名 三好彰   竹内宏治  島貫裕
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博、田中秀夫、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、4月にスタートした番組「ゴールデン昭和劇場」について審議が行われました。この番組は音声詩人の佐藤円さんがパーソナリティを務め、毎週土曜日12:30~13:00(再放送:毎週月曜日11:30~12:00)に放送をしています。「昭和の時代」にキーワードをおいてお届けしている音楽番組です。

審議では大人の魅力を感じるパーソナリティの声と知識、選曲が高く評価されました。
具体的には全体のまとめ方と、歌手のことをよく調べていて短い時間で当時のことや現在の活動をコメントしているところや語り方などが好評でした。
その他にも「リスナーのメッセージに丁寧に答えている」「さりげなく自分のアピールをしている話術」「BGMを含めテーマに合った選曲のセンスの良さ」「当時を知る者も知らない者も十分楽しめる内容だ」などと全体でも好評な意見が出されました。
また、「今後も興味がわく」「夜の時間帯での再放送を望む」という意見が多数ありました。
しかし、「トーク中のBGMが全くないところに演出かもしれないが気になった」「今回のテーマは"アンニュイ(=けだるい)な女性ボーカル集"なのでパーソナリティももう少しゆっくり話してもよかったのでは」という意見も出ました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「ゴールデン昭和劇場」の当番組担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表
 番組名  Come and Go!放送時間 2004年7月15日(木)
・演奏所及びホームページに掲示
by fm797izumi | 2004-07-09 20:32 | ★番組審議会★

FMいずみ 第21回番組審議会

1.開催日時
平成16年4月27日(火)午後7時~

2.開催場所
泉区中央市民センター 音楽室

3.委員の出席
委員総数 7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名 大滝精一  竹内宏治  高橋栄子  三好彰
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、3月から毎週木曜の20:00~20:30、3ヶ月限定番組「フォルツァ受験生」について審議が行われました。この番組は、受験生応援番組。塾の教室長が出演し、教室紹介やおすすめ勉強法、受験対策についてお話しています。現役の生徒も出演し、楽しい雰囲気でお届けしています。
審議ではパーソナリティの声が明るく、やわらかい声質で聴きやすい、難しい方向に行きやすい番組だが全体的に明るく出来ていると評価されました。しかし、パーソナリティの声のボリュームが一定ではない、ゲストとの音量に差がある、全体的に内容が盛り沢山でゲストも多く、質問に流れが無いためわかりにくいため、すべてが雑談に聞こえてしまう。取り上げている話題は良いが、すべてに関し説明が不十分で具体的なところがわかりにくいとの意見も出ました。具体的にはゲストを前半と後半に分けて、前半は生徒と普段の勉強法や学校生活といった話しを中心に、後半は受験生を持つ親御さん向けにというように、番組内容をはっきりさせた方が良いという提案がありました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「フォルツァ受験生」の当社担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表
 番組名 Come and Go! 放送時間 2004年5月6日(木)
・演奏所及びホームページに掲示
by fm797izumi | 2004-04-27 20:33 | ★番組審議会★

FMいずみ 第19回番組審議会

1.開催日時
平成15年12月2日(火)午後7時~

2.開催場所
シェルコム仙台 集会室4

3.委員の出席
委員総数 7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名  伊藤賢次  竹内宏治  高橋栄子  中村礼子
欠席委員の氏名 三好彰  中村礼子  島貫裕
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、毎週日曜の15:00~16:00、10月から始まった新番組「Teri-Teri-Heads」について審議が行われました。この番組は、ポップス、ロックンロール、ソウル、R&B、カントリーミュージック等の幅広いラインナップでお届けしている1時間の音楽番組。ほぼ毎週、音楽界の多彩なゲストを招いてゲストセレクトやパーソナリティセレクトの音楽をはさみながら、DJテリーがたっぷり音楽談義を展開しています。

審議ではパーソナリティの声が大変明るく、fmいずみの今までにない男性パーソナリティのキャラクターが高く評価されました。具体的にはイントロのファンキーなところと、ゲストトークでの落ち着きなど、その場面に合わせた話し方が好評でした。
その他にも「ゲストトークの途中などで再度ゲスト紹介をする気遣い」「レコード独特の音をそのままかけるセンスの良さ」「番組の最初と最後の提供スポンサーの紹介を番組担当者ではない女性の落ち着いた声を使用しているところが、DJテリーさんのキャラクターをより引き立てている」「途中出てくる専門的用語や専門的知識も丁寧に教えるのではなく、さりげなく言い換えをすることにより、知らない者も十分楽しめる内容だ」などと全体でも好評な意見が出されました。
また、「今後も番組内容や次回のゲスト、DJテリーさん自身に興味がわく」「夜の時間帯での再放送を望む」という意見も多数ありました。

7. 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より「Teri-Teri-Heads」の当社担当者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8. 審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表
 番組名  Come and Go! 放送時間 2003年12月4日(木)
・演奏所及びホームページに掲示
by fm797izumi | 2003-12-02 20:36 | ★番組審議会★

FMいずみ 第18回番組審議会

1.開催日時
平成15年10月15日(水)午後7時~

2.開催場所
イズミティ21 第2練習室

3.委員の出席
委員総数 7名 出席委員数 4名
出席委員の氏名 大滝精一  高橋栄子  伊藤賢次  竹内宏治
欠席委員の氏名 三好彰  中村礼子  島貫裕
放送事業側出席者氏名 専務取締役 放送局長 作間吉博、沼田文香、浅野千景

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、毎週土曜、午後7時~7時30分までの「土曜の夜はレッツダンス」について審議が行われました。この番組はダンスインストラクターであり、フリーアナウンサーのかわうちみなが、毎回多彩なゲストを招いてダンス音楽談義を展開しています。

審議ではパーソナリティの声が明るく爽やかなところが高く評価されま
した。具体的にはゲストを紹介するさい、服装を話すことにより「想像しやすかった」と表現方法などが好評でしたが、内容に関しては「近所の主婦談義30分のように感じる」「音楽はダンスミュージックだが、タイトルにあるダンスに関しての話が少なかった」「テーマがはっきりしていない」「番組にメリハリをつけたほうが良い」などの意見が出されました。
また、「BGMが大きかった」「あいづちが多く、笑い声と言葉が重なって聞き取りにくい」「ゲストの選曲についての質問をすべき」「提供を言った後に再度ゲストと話すのはいかがなものか」「土曜の19時対象が女性ばかりではなく、男性(ご主人)の話しをするなどして男性リスナーも聞きやすく」という意見がありました。全体的に雰囲気は好感がもてると一定の評価を得ました。
by fm797izumi | 2003-10-15 20:38 | ★番組審議会★

FMいずみ 第16回番組審議会

1.開催日時
平成15年5月27日(火)午後7時~

2.開催場所
イズミティ21 会議室

3.委員の出席
委員総数 7名 出席委員数 5名
出席委員の氏名
 大滝精一  中村礼子 伊藤賢次 竹内宏治 三好彰
放送事業側出席者氏名
 常務取締役放送局長 作間吉博
 放送局次長 阿部清人、沼田文香

4.議 題
(1)番組審議
(2)その他

5.議事の概要
議題についての審議

6.審議内容
今回は、土曜、午前11時30分~12時までの、「ミュージックブランチアルファ」について審議が行なわれました。毎回、主に芸術・文化の面で活躍している、地元のゲストを招いてのトークと、パーソナリティ選曲のジャズ、懐かしの音楽をお届けしている番組です。
 審議では、ベテラン男性パーソナリティのおちついた雰囲気が高く評価されました。具体的には「作為的なところがなく、ユーモアもあり笑いをうまくつくっている」「おちつきがあって、年配者でも安心して聴くことができる」「雰囲気がとてもいい」「ゲストとのやり取りが上手で、さすがだ」などの意見が出されました。
 一方で、「ゲストが早口で聞き取りづらいところがあったのが残念」ゲストが美術系の方だったため「映像的に伝えられないラジオでは十分に伝えることは難しかった」「パーソナリティとアシスタントのバランスがポイント」などの指摘や、「昼よりも夜に放送したほうがいいかもしれない。実験的に再放送をしてリスナーの反応をみてはどうか」という問題提起が出されました。全体的には、「BGMの音量が今まで聞いた中で一番バランスが良く心地いい」「番組の最後に「もうすぐお昼です」で締めくくるのが親しみがあっていい」などの意見も出て、好感がもてると一定の評価を得ました。
d0029276_20444643.jpg

by fm797izumi | 2003-05-27 20:42 | ★番組審議会★