カテゴリ:★リポータの部屋★( 514 )

大学生のJIMOTO EYE 「枕 ‐快適な春の眠りに‐」

こんにちは!学生リポーターの中村かさねです☆

日に日に暖かさも感じられるようになって来た今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
こう暖かくなってくると、ついうとうとしちゃいますよね・・・
みなさまの春眠は暁を覚えていますか?笑 (私は年中忘れてます!)

せっかく気持のいい眠りが出来るこの季節、もっともっと快適な睡眠をとってみませんか?

今日の「大学生のJIMOTO EYE」では、快眠のために大切な、自分にぴったりの「枕」を買えるお店をご紹介しました!

それが、イオンモール仙台泉大沢2Fにある、「SleepING Factory じぶんまくら」さん。
こちらのお店では、それぞれの体形に合った枕を買うことが出来るんです!

まずは、店員さんにからだのラインを計測してもらいます!

身長計のような機械に乗り、頭から腰にかけての凹凸を計ります(^^)
そして、その数値を見て、店員さんが体系に合いそうな枕を選んでくれるので、実際にベッドに横になって寝心地を確かめられるんですよ!

今回私も、枕を買い替えに行き、枕を選んでもらって寝てみたのですが・・・
新しい枕で寝ると、からだがちょっと宙に浮いているのではと思うくらい、楽な寝姿勢になれるんです!
今まであまり意識していませんでしたが、意外と肩や腰に負担がかかっていたんだなと、枕を変えて初めて分かりました!

気になるお値段ですが、既製品だと3000円、オーダーメイドだと1万~2万円くらいになるそうです!
オーダーメイドはメンテナンスが無料なので、一生使えると思えば、お安く感じませんか??


自分に合った枕を使うことで、いびきや肩こり、首の痛み、腰の痛みも軽減する効果があるそうですよ♪
皆さまも快適な春の眠りに向けて、枕を新調しみてはいかがでしょうか?

そうそう、枕のお話をしていて、ふとその起源が気になり、調べてみました!

日本では、古墳時代から枕が存在していたそうです!でもコレは、睡眠のときのアイテムではなく、死者を埋葬するときに使われていたみたいです。

また、江戸時代は、睡眠時に髪型を崩さないために、枕が使われていたんだそうです!
この枕は、 今のようなふわふわのものではなく、箱の上に布を重ねたものだったんだとか。
箱には貴重品などを入れて、金庫代わりにしていたんだそうですよ♪

枕が寝心地をよくするために使われるようになったのは、わりと最近のことのようです(^^)

さて、今日の残りも頑張って、新しい枕で気持ちよく眠ろうっと♪笑

それでは来週もよろしくお願いします!
by fm797izumi | 2016-03-08 14:25 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE 「子育て~今日は妊婦さんの日~」

「妊娠中はカルシウム不足になりやすいからって、パパったらこーんな大きな業務用の小魚買ってきてさ。食べきれないってーの!って思ったよね。」

今日のリポートをするにあたり、母に妊娠中のエピソードを聞いたらこんな答え返ってきました。
こんな言い方でしたが、なんだか私には、その時の母はとても幸せだったんじゃないかと感じました。

改めまして、こんにちは!
学生リポーターの中村かさねです(*^o^*)

実は本日2月23日は、語呂あわせで「妊婦さんの日」なんです。
そこで、今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、「子育て」についてリポートしました。

今回は、冒頭にもありましたような、家族からの話をもとにお伝えしました。
祖母、母、従兄の三世代ごとに、どんな子育てをしていたかを聞いてみましたよ♪

おばあちゃん世代(80代)

祖母が子育てをしていた頃は、今の核家族ではなく、二世帯、三世帯が一緒に暮らしているのが主流でした。
だから子育ては、自分の母親たちがサポートしてくれていて、それはとても安心感があったそうです。

育児を経験している助っ人が身近にいて、不安や疑問はすぐに解決できたからか、祖母の子育て時代はマタニティーブルーというものがなかったようです。
祖母だけでなく、世間的にもその言葉はあまり聞かなかったと教えてくれました!


お母さん世代(40、50代)


d0029276_22352232.jpeg

↑母と私(3才) 写真を撮るときは大概ふざけていた

母は結婚後、自分の両親とは別の家に暮らしていました。
だから、私が母のお腹にいるときも、産まれた後も、一番の協力者だったのは「夫」、つまり私の父だったそうです。

まだ私が母のお腹の中にいた時、母はひどい花粉症でしたが、薬が飲めませんでした。
そこで父は、丸1日かけて近所中の草を刈ってくれたんだとか。

そんなとても助かった事もあれば、冒頭の小魚事件のように、求めていることと少しずれていたこともあったようです。
でも、その一生懸命な気持ちが嬉しかったのか、母はその話を楽しそうにしてくれました。

育児に限らず、誰かをサポートしたりすることって、相手の人のツボを抑えられなかったりする時もあり、どうして良いのかと戸惑うこともあるかと思います。

でも、協力したいという気持ちを行動に表してみたり、その気持ちを汲んであげたり、お互いの思いに歩み寄ることで、心に余裕が生まれるのではないかなと思いました。
私も、空回りしてしまうのはちょっと怖いけど、父のように自分の気持ちは行動に表していけたらいいなと思いました。

↓空回り?というより振り回す

d0029276_22470925.jpeg



さて、そんな母ですが、実は私が産まれたあと、マタニティブルーの様な状態になったそうです。
私の身体が小さかったこともあり、この子を本当にちゃんと育てられるのか、病気はしないか怪我はしないか…そんな心配が尽きなかったようで、苦しい思いもしたようで。

でもそこでやはり、周りの支えが力になったと話してくれました。

まずは、近所に住んでいる両親、そして夫(父)の力。
そして、月に一度訪問してくれる保健婦さん

保健婦さんに日頃の不安や悩みを話し、産後気持ちが落ち込んでしまうのはあなただけじゃないよ、誰でもなることだから。」と言ってもらったのがすごく気持ちが楽になったんだとか。
それから、保健婦さんが来るのに部屋を綺麗に掃除していたのに気が付いて、「私が来る時くらい気張らないで」と言ってもらって、ずいぶん心が軽くなったと教えてくれました。

家族だからこそ言いにくいこともあり、誰か外の人に頼りたい時もあって、でも女性は、お化粧や産後の体型を意識したりと、気を使う点が多いと思います。
そんな時、母の出会った保健婦さんの様に、安心して会えるプロがいることで、ゆとりある育児ができるようになるのではと感じました(*^_^*)

そんな経験があったからこそ、母は、世のお母さんたちが思い詰めてしまう気持ちも分かると話してくれました。
d0029276_22424007.jpeg

↑鴨にカモにされるの図


いとこ世代(30代)

2歳の子供がいる従兄は、育児の真っ最中。
従兄も両親とは別に暮らしていますが、泉中央にある「のびすく」という施設を利用することで、育児のストレスが軽減できていると話してくれました。

「のびすく」では、情報交換ができたり、息抜きになったりと、子どもも親もリラックスできる場所のようです!
お父さんも良く利用していて、父親である従兄も、奥さんが不在の時に安心して子供の面倒を見られていたと話してくれました。
遠くの親戚より近くの他人」のスタイルという感じかな?


三世代の育児について見てきましたが、最近は行政やサービス業が育児に介入する頻度が高くなっているように感じました。

核家族が増えたからこそ、そういったサービスの向上や上手な利用が、快適な育児の鍵になるのではないかなと思いました!

さて、最後に、仙台市の子育て支援サービスについてご紹介します。

仙台市では様々な子育て支援を行っていますよ!

たとえば、育児ヘルプサービス
産後6カ月以内で、体調不良などの理由により、家事や育児が困難な家庭にヘルパーを派遣し、掃除や育児などの支援をするものです。
1時間あたり600円で利用できるそうで、詳しくは住んでいる区の区役所家庭健康課か保健福祉課にご相談してみてください♪

その他の子育て支援については、仙台市のHPをご覧ください! コチラ→仙台市 くらしのガイド

また、市民活動で子育て支援をしている団体も多く、エル・パーク仙台では、そういった団体の紹介などもしています。 コチラ→「エル・パーク仙台

子育て中の方や、これから子育てを予定している方は、ご都合に合わせて利用してみるのもいいかもしれませんね。

子育ては本当に大変なことだと思いますが、だからこそ喜びもひとしおなのではないでしょうか。
私は結婚や子育てはもう少し先かと思いますが、いつかきっと穏やかな家庭を築いていけたらと思っています!
私も早く子どもが欲しいなぁ〜!


だいぶ記事が長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

次回の「大学生のJIMOTO EYE」は、3月8日(火)14:00〜です(*^_^*)

次回もよろしくお願い致します!


by fm797izumi | 2016-02-23 13:31 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE「仙台の気候と四季」

こんにちは!学生リポーターの中村かさねです(^_^)

先日2月14日はバレンタインデーでしたね!
男性のみなさん、チョコレートはたくさんもらえましたか?
女性のみなさん、チョコ選びチョコづくり、お疲れ様でした!

私はフォンダンショコラを作ってプレゼントしました!家族に(笑)

d0029276_17372399.jpg


d0029276_17374295.jpg


数日前から練習したので、チョコのとろけ具合がいい感じにできたと思います♪ 
早く好きな人にもあげてみたいな~♡(笑)


さて、14日はバレンタインでしたが、今日16日は、天気図記念日なんだそうです!
1883(明治16)年のこの日、日本初の天気図が作成されたとのこと。

そこで今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、天気にちなんで、「仙台・宮城の気候と四季」についてお話しました!
21年仙台に住んでいる私が思う仙台・宮城の魅力は、穏やかではっきりとした四季の変化だと思います。
改めて仙台の季節の移り変わりを、私の大好きなキャンディーズの名曲とともに見ていきましょう!笑


まずは、思いコート脱いで出かけませんか~♪ な
仙台は、4月の中旬から桜がきれいに咲き、入学式や新生活への気持ちを盛り上げてくれますよね!
ただし、気をつけなくてはいけないのが紫外線!仙台は春が最も日照時間が長く、紫外線も強いので、お肌のお手入れに気を抜けませんね。

d0029276_1810409.jpg



小雨がパラパラ そして涙がぽろぽろ~♪ な梅雨の季節。
仙台の梅雨は、6月下旬から7月下旬に訪れて、この時期の特徴は、肌寒いということです。 
その要因の一つが、やませ。
オホーツク海気団という、北海道の北東にある冷たくて湿度の高い空気の塊が力を強めると、そこから冷たい空気や雲などが流れ込むことで、日照時間が少なくなったり気温が上がらなくなるんです。
じめじめむしむしした梅雨よりは、過ごしやすい印象がありますね。

d0029276_18114149.jpg



なぜかパラソルにつかまり、あなたの街まで飛べそうです~♪ な
県外の方にお話を聞くと、仙台の夏は比較的涼しいというイメージがあるようです。
梅雨の終わりから吹くやませの影響により、気温があまり高くならない年もありますね。
過ごしやすいというメリットがある一方で、農作物への影響が懸念されます。
経験された方も多いかと思いますが、私が生まれる前の年の1993年は冷夏でお米が穫れず、私の母たちは、タイ米を買って食べていたと教えてくれました。

d0029276_1820797.jpg



振りむいたけどあなたはいない~♪ な
実は宮城は、9月が一年で最も降水量が多い月です。
その理由は、台風。集中的に雨が降ることで、降水量が梅雨の時期よりも多くなることがあります。
また、昼夜の寒暖差も大きいので、紅葉がきれいなんですよね!

d0029276_18202465.jpg


降りだしたこの雪をあなたも見てるでしょうか~♪ な
仙台は、東北地域の中では、降雪量・積雪量が少ないのが特徴です。
奥羽山脈が「壁」の役割を果たし、西から流れてくる雪雲がせき止められ、太平洋側にある仙台には基本的には雪が降りません。

しかし時々、まとまった降雪があるので、タイヤ交換は必須ですよね。

d0029276_18232769.jpg


せっかく今日は天気図記念日なので、ここで天気図にも注目してみましょうか♪
仙台で降雪がある時の、気圧配置は2パターンあるんですね。

ひとつは、よく耳にする「西高東低の気圧配置」。
普段はこの気圧配置でも、奥羽山脈の作用で雪は少ないですが、東北地方の北の方にある寒気が南下してきたり、西風が強かったりするなどすると、奥羽山脈を雪雲が越えて、雪が降る日もあります。


もうひとつは「南岸低気圧
これは早春の降雪パターンで、2月下旬頃になると、日本南岸付近を低気圧が通過するようになります。
その時、低気圧の中心に向かって寒気が吹き込むと、仙台はその風の通り道になるため、雪が降ることがあります。
ちょうどこれからの季節の気圧配置になりますので、暖かくなってきても雪への注意は必要ですね☆

たまに降る雪も、ロマンチックな雰囲気を演出してくれるようで、私は好きですよ!


春夏秋冬、それぞれの気候の特徴を見てきましたが、みなさんはどの季節がお好きですか?

私は案外、四季の変化そのものが好きだったりします。
季節が過ぎようとする時、その季節の出来事を思い出したり、新しい季節が来た時、前の年や何年も前のその季節のことを懐かしんだり。

季節と思い出は強く結び付いていて、四季が移ろいゆくとき、自分を振り返る瞬間になるように思います。
そしてそれは、なんだか「生きている」ということを実感する時でもあるように思います。

季節ひとつで大げさかしら?

だけど、毎年豊かな変化をもたらし、心にゆとりを与えてくれる仙台の環境が、私は大好きです。
気候や天気は、他が真似をしようと思ってもできない、オンリーワンの魅力ですしね☆
これからもずっと、この街で変化を見届けていきたいなと思っています。

そんな大好きな仙台の魅力を、これからも発信していきます!
それでは、来週もよろしくお願いします!
by fm797izumi | 2016-02-16 16:34 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE 「タピ大 スマホdeカメラ」


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです☆


さっそくですが、今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、スマホできれいな写真を撮る方法をご紹介しました!

皆さまおなじみ、仙台泉プレミアムアウトレットで行われているタピ大で 「スマホde写真」を受講してきました!
この日の講師は、セミプロカメラマンの三村和彦さん。
スマホを使ってきれいな写真を撮るコツを教えていただいたので、ポイントごとにご紹介します☆


ポイント1.レンズをきれいにする

毎日使っているスマホだからこそ、忘れがちな作業かもしれません。
皮脂や傷がつかないように、やさしく拭いてピカピカにしてください!

ポイント2.構図を意識する

写真を見返してみたときに、なんとなく同じような印象を受けていませんか?
それはもしかしたら、構図がワンパターンになっているからかも。

撮りたいものを画面の中心に移す方法は、被写体を強調できるというメリットはありますが、飽きられやすいという性質を持っているそうです。

写す位置をずらしてみたり、角度や距離感を変えてみるだけで、印象がガラリと変わりますよ☆

これはスマホだけではなく、ガラケーの方でも使える技ですね!

3.接近して撮るべし

例えばお料理を撮るとき、ついつい全体を写したくなりますよね。


d0029276_18413380.jpg


だけどそこはあえて大接近して撮ることで、


d0029276_1841497.jpg


インパクトがあり、おいしそうに撮れるんです!

このようにお皿や料理全体を写さない写真を、「シズル写真」と言うそうですよ!

可愛い動物や小物を撮る時も、

d0029276_18382834.jpg


↑と普通に撮るよりも、可愛いところを強調してあげるようにアップにして、背景をぼかすとあらオシャレ✨


d0029276_18384175.jpg


d0029276_18401943.jpg



こちらは「マクロ写真」という方法だそうです(*^o^*)

どのポイントも今すぐに実行できることだと思うので、皆様も是非、お試しあれ!


タピオ館立オープン大学」では、この様な楽しい講義が毎日聴けますよ!
仙台泉プレミアムアウトレットにて、平日の19:00~20:00に開講しています。
受講は無料、しかも誰でも先生になれるので、「ぜひ得意分野を語りたい!」という方は、コチラのページをご覧ください。
詳しくは、アウトレット内のパンフレットやホームページでもご覧いただけます!


さてさて、三村先生にはきれいな写真の撮り方を教えていただきましたが、ここからは私の“自己流”の「きれいな写真の写り方」をご紹介します(笑)

実は私、昔は写真が苦手でした(>_<)
苦手だからこそ、少しでもマシに写りたい!と思っていつも工夫をしていたので、よかったら参考にしてみてください♪

1.写真は中央に写るべし!
スマホのカメラって、端に写る部分がゆがむ性質があるんですよね。だから端に写ると、太って見えてしまいます。
少しでも痩せて写りたい方は、センターを死守してください(笑)

2.下から撮るべし!
理屈は簡単です、顔は小さく、脚は長く写れるから(^_^)

d0029276_19291796.jpg


※往年のアイドルリカちゃんにモデルさんになってもらいました☆


3.光は横から当たるように!
真上から光が当たると、クマが出来て見えたり、まぶたに光が当たって腫れぼったく見えちゃいます。
窓際など横から光が入れば、鼻が高く立体感のある顔になります!


4.堂々と写ることが大事


もじもじのリカちゃんよりも

d0029276_19445421.jpg


堂々のリカちゃんの方が魅力的☆

d0029276_1945693.jpg


私は今でもまだ、写真大好き!とまではいかないのですが、でも、このかけがえのない瞬間をカタチにする」と思うようにしたら、不思議と抵抗がなくなりました!
しかもそう思って撮るだけで、心なしか後から自分で見て、いい気持ちになれる写真写りになったような気がします。
要するに気持ちの持ちようなのかしら。
どうせ写るなら楽しく写ろうが今のモットーです(≧∇≦)

あくまで自己流のポイントでしたが、よかったら参考にしてみてください!
そして、皆様流のコツや、お気に入りの写真があれば、ぜひお送りくださいね☆


来週の大学生のJIMOTO EYEも、火曜日14:00〜
生放送です!

次は何をお話ししようかな〜?


by fm797izumi | 2016-02-09 13:56 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE 「都美の丘ガーデン」


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです♪

さっそくですが、今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、“美味しいフィレステーキが食べられる”お店、「都美の丘ガーデン」さんをご紹介しました!

住吉台東にあるこちらのお店、オープン1年目にしながら、内装とメニューをリニューアルしたそうです!

そこで、お肉大好きな私が、久しぶりにマイクを持って、取材に行ってまいりました!


閑静な住宅街の中にある「都美の丘ガーデン」さん。
店内に入ってまず目につくのは、リニューアルを機に登場したという薪ストーブ
パチパチという音と、ゆらゆら燃える火がゆったりとした時間を演出しています。

d0029276_14192812.jpeg

d0029276_14251974.jpeg

さらに、お客様によりくつろいだ時間を味わっていただきたいという想いから、今回のリニューアルで、梁や漆喰など日本古来の住宅様式を取り入れたそうです。

初めてお邪魔したのに、思わず「ただいま~」と言いたくなるような空間でしたよ♪

d0029276_14200370.jpeg


リニューアルしたのは内装だけではありません。
オシャレな店内では、新メニュー「横浜スタイルのフィレステーキ」がいただけます!

この時のために朝ごはんを軽くしてきた私は、さっそくステーキを注文!
マスターの根元さんに、目の前でお肉を焼いていただきました(*^o^*)

d0029276_14214551.jpeg


根元さんのご実家は、横浜でステーキハウスを営んでいらっしゃったそうです。
そのステーキの評判が大変よかったこともあり、今回のリニューアルを機に、その味を“横浜スタイル”として提供をしているそうですよ!

女性や年配の方にも、美味しく召し上がっていただきたいという想いから、お肉の部位は、脂身が少なくて柔らかいフィレ肉
さらに、その少ない脂肪分を補うために、細かく刻んだベーコンガーリックをトッピングすることが、マスターのこだわりなんです。

その横浜スタイルのフィレステーキがこちら!

d0029276_14205900.jpeg

お肉は柔らかくてさっぱりしていますが、ベーコンのうまみとコクがあっていいバランス!
まだまだロースが好きなお年頃♡な私でも、大満足のボリュームとおいしさでした!

それから、付け合わせのお野菜がまたまたおいしそうでしょ?

実は、こちらのお店は、開業当初から“無添加・無農薬の野菜を使うこと”をコンセプトにしていらっしゃるんです。

副菜はお出汁で味付けをして、塩分控えめにしているのも、フードコーディネーターの資格を持つオーナーの菅野さんのいたわりのお気持ち。
こんなに美味しくて身体にやさしい野菜は、付け合わせと言っては申し訳ない!カサネミー賞 助演女優賞を差し上げたいくらいです(≧∇≦)

d0029276_14222193.jpeg

目の前で焼いていただいたステーキと、無農薬のお野菜、それにデザートとドリンクがついて、2500円!
仙台の街中では、なかなかこのお値段では食べられないと思います!
また、日替わりランチは700円!こちらもとってもおトクですよね(*^_^*)


さらに、店内にはライブスペースがあり、音楽の演奏も楽しめます♪

d0029276_14225191.jpeg

4月16日には、村上玲美さんによるピアノ演奏があるそうなので、是非チェックしてみてください!

d0029276_14333746.jpeg

「都美の丘ガーデン」
住所 仙台市泉区住吉台東1-1-2
TEL 022-341-3984
定休日 月曜日、火曜日、年末年始
HP http://www.tominooka.com/#firstPage

美味しくて雰囲気も最高で、更にオーナーの菅野さんとマスターの根元さんもとても素敵な方でした!
私のサインなんかも飾っていただいたり(笑)

d0029276_14484916.jpeg

d0029276_14371228.jpeg


またひとつ、お気に入りのお店が増えました♡
都美の丘ガーデン」の皆さん、本当にありがとうございました!
皆様もぜひ、行ってみてくださいね(*^o^*)




☆もう一つだけ☆
火・水曜日のDaily Cafeを担当し、大学生のJIMOTO EYEでご一緒させていただいた遠藤聖子さんが、先月fmいずみをご卒業なさいました!
ということで、前回のリポートが、一緒にする最後のお仕事でした。
私がリポーターを始めてから約2年、遠藤さんの素晴らしい話術にいつも助けられてきました。
リポートの前後は必ず2人でおしゃべりして、防音のスタジオの外に聞こえそうなくらい、大笑いしていました(*^o^*)
遠藤さんに会うことが私の今までの楽しみで、そしてこれからもずっと私の憧れの女性です。
遠藤さん、今まで本当にありがとうございました♡

d0029276_15544644.jpeg

そして、今月からは佐藤友美さんとお送りしています!
友美さんとも笑いのツボが合うみたいなので、これからも賑やかにお話ししていきますね!

それでは来週もよろしくお願いします☆

by fm797izumi | 2016-02-02 14:47 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE「こどもパワー☆」


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです♪

早速ですが、今週の「大学生のJIMOTO EYE」は、子どもに注目してリポートしました!

実は先日、ちょっとしたご縁があり、仙台市青葉区にある「アトリエ自遊学校」というお教室に通う子どもたち約60人と、山形蔵王でスキーキャンプをしてきたんです!
子どもたちにスキーを教えたり、一緒にゲームをしたり、二泊三日の楽しい時間を過ごした中で、子どもの強烈なパワーを感じたので、今日はそのお話をしました!

d0029276_20480669.jpeg

《子どもは行きのバスからハイテンション!》
「ねーこっち来て!」「お菓子交換しよ!」
みんなでバスに乗って出発する時、やっぱり一番ワクワクするよね。
耳がいくつあっても足りないくらい賑やかだったけど、初対面だった私にも、そんな風に懐いてくれたことはやっぱり嬉しかったです♪


《いざ、スキー指導へ!》
スキーキャンプには、初心者から、大人と同じくらいのレベルの子まで参加し、それぞれのクラスに分かれて練習しました!
私は、生まれて初めてスキー板を履く15人の子供達の担当でした✨

初めは、ゲレンデの一角にある10m程の緩やかな斜面で練習をします。
すぐに滑れるようになる子もいれば、なかなか恐怖心が拭いきれない子がいたり。
それでもみんな一生懸命がんばって、3日目には15人全員、ゲレンデで滑れるようになりました(≧∇≦)
この時一番喜んだの、もしかしたら私かも…(笑)

d0029276_21121890.jpeg


《子どもたちと接して、気が付いたこと》
実は今まで、子供たちとこんなにじっくり接することは少なかった私ですが、今回でいろいろな発見がありました!

①シンプルな言葉が一番届く
ハの字、体重は前にかけて、膝は軽く曲げて、足の親指に力入れて…
スキーは一度に気をつける点が多いですが、それを子どもたちが理解するのは難しい。
そこで、辿り着いた魔法の言葉が、「前見て、そのまま立ってればいいよ」。
実はスキー板に立つということだけで、自然と基本姿勢ができていることに気がつきました。
アドバイスをシンプルにしたら、みんな一気に滑れるようになりました!


②“その気にさせる”って大事!
「〇〇くん、もう少しでリフトに乗れるよ!」「上手になったね!夜中にこっそり練習したでしょ?(^_^)」
小さいこともたくさん褒めてあげると、子どもたちはどんどん自分で自分を盛り上げていきますね


③ 役割を与えると、自ら成長する
ちょっと落ち着きがない高学年の男の子。「お兄さんだからしっかりね」と声をかけるのではなく、「幼稚園の○○君のお着替えを手伝ってね。靴下とか脱いだものをしまってあげてね。」と具体的な仕事を与えてあげたら、あら不思議!
他の子の面倒まで見たりと、すっかりお兄さんの顔になりました☆

④何か一つでも、自信を持っていると輝く!
スキーが上手に出来なくて、しょんぼり気味の男の子。
でも、ごはんの時間にお話しをしてみたら、その子はとても動物に詳しい子でした!
動物の話をしている時の顔は眩しいくらいキラキラしていて、さっきまでの落ち込みがウソのよう。
何か一つ、自分のフィールドを構えていると、人って強いんだなぁと感じました(^_^)

⑤子供の笑顔は、大人の笑顔!
3日間のキャンプは、子どもたちのハイパワーに流石の私もぐったり(笑)
でも、「楽しかった」「ありがとう」なんて言いながらニコニコしている子供たちを見ると、疲れなんて吹っ飛びますね

子どもたちのパワーに、底知れぬ可能性を感じた3日間でした(≧∇≦)


それから、子どもたちは遊びの中で成長していくものなのかなぁと感じました。

そうそう、仙台市も、子供がのびのびと遊べるような事業の展開に、積極的な街なんですよね!
たとえば「仙台市放課後子ども教室事業」。
放課後の小学校などを利用し、親御さんたちが安心して子供たちを預けられて、子供たちにスポーツや地域交流を楽しんでもらうスペースを作るという事業です。

将監小学校で行われている、「将監けやきっこ放課後教室」は、平日の放課後、小学校で学習支援や中学生との交流事業をしています✨

詳しくは仙台市のHPでも確認できますよ!


少子化が進む中、やはりそこで重要なカギを握るのは、イキイキした子どもたちを育むことなのかな?

今回のリポートを通じて、ますます子どもが大好きになったので、これからも子どもパワーに注目していきたいと思います(*^o^*)


それでは次回もよろしくお願いします!


by fm797izumi | 2016-01-19 13:38 | ★リポータの部屋★

仙台のお正月☆

新年おめでとうございます(*^_^*)
学生リポーターの中村かさねです!

先週はお休みをいただいておりましたので、今回はお久しぶりの、そして新年一発目のリポートとなりました!
みなさまはどんなお正月をお過ごしでしたか?

私は、初詣に行ったりスキーに行ったりとのんびりしたお正月でした!

d0029276_23344403.jpeg

初詣でおみくじを引いたら、「」!笑顔を忘れず、油断をしなければ、各方面で良いご縁があるとのこと。
おみくじの言葉を心に留めながら、日々精進して参ります!
本年もよろしくお願いいたします(*^_^*)


さて、今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、「仙台のお正月」についてリポートしました☆

これまでに、節分やお彼岸などをリポートしてきましたが、年中行事には、意外と地域性が出ていると感じていました。

お正月の中では、お雑煮に顕著に現れていると思います!

仙台のお雑煮といえば、焼きハゼの出汁のお雑煮
人参や大根、凍り豆腐、かまぼこ、いくらをのせた、豪華なお雑煮です☆

しかし今の時代には馴染みが少なく、私も実は食べたことはありませんでした!
でもせっかく「大学生のJIMOTO EYE」というコーナーをしているんだもの、作ってみないと!と思い、年末のスーパーへ。鮮魚コーナーでハゼを見つけたのですが…

5匹で4000円…

ハゼは良い値段するよと祖母から聞いていたものの、その高級さに思わず立ち尽くしてしまいました(笑)

で、お財布と相談した結果…買えませんでした(T_T)

祖母に聞いたら、50年前くらいまでは、庶民のお雑煮だったそうですけどね…。

ということで、今年は断念しましたが、いつか作りたいという願いを込めて、祖母にレシピを教えてもらいましたのでこれをご紹介します!(ご勘弁ください!!)

仙台雑煮の作り方
①大晦日までに、ニンジン、大根、ゴボウを細切りにしてサッとゆでて、外に出して凍らせておく!

「お正月はまな板の音を立てるな」「ごみを外に出すな(お金も逃げるから)と、祖母は曽祖母に厳しく教えられたそうです。
冷蔵庫もない時代なので、前日に切って外で干しておいたそうです!

②ハゼに水をサッとかける。ハゼの汚れを落とします。

③昆布だしをとる

④ハゼを入れて、崩れない程度に1分程度煮て、出汁をとる

⑤酒、醤油、塩、砂糖で味付け

⑥ニンジン等をお湯で戻して、お椀に入れる

⑦お餅、紅白かまぼこ、なると、岩出山の凍り豆腐、仙台セリ、いくら、ハゼを載せて、おつゆをかけて完成!

山の幸海の幸、どちらも豊かな仙台ならではのお雑煮ですね。
くさみがなく、さっぱりとした味で、子供だった母も大好きだったそうです!

いつか食べてみたいなぁ、仙台雑煮。
焼きハゼを買えるようになるために、今年の就活、がんばるぞーーー!(笑)


さて、仙台のお正月を締めくくるのは、「どんと祭」!

どんと祭って、なぜ“どんと”と呼ばれるだろうと思い、調べてみました!諸説ありますが、
①お飾りや竹を焼く音、またどんどん焼く様子を「どんと」と表現した。
②「尊(とうと)や尊」という掛け声をかけていたから

などの理由があるそうです!
明後日、どんと祭に行ったら、本当に「どんと」と聞こえるか聞いてみようっと♪

泉区の神社では、1月14日(木)に将監の愛宕神社や賀茂神社でどんと祭が行われます!

皆様は、御神火にどんな願いを込めますか?
私は、いつか焼きハゼのお雑煮が食べられますよに、かな?笑

ともあれ、まずは、日頃の感謝と家族や友人、お世話になっている方々、リスナーの皆様の健康と平和を願いたいなと思います。

今年もみなさんに素敵なことがたくさんありますように♡

それでは来週もよろしくお願いします(*^_^*)


by fm797izumi | 2016-01-12 12:50 | ★リポータの部屋★

今までありがとうございました!

みなさんこんにちは!
学生リポート月曜日担当の白鳥美穂です。

卒業論文と資格試験に追われていてリポートをお休みさせていただいていました。学業の関係上、今後もなかなかリポートにこれなくなってしまいそうなので今回で最後の学生リポートとなります。

2年生の冬になにか新しいことにチャレンジしたいと考えていた時に、たまたまfmいずみのHPで学生リポートを募集していることを知り、ラジオで学生リポート…どんなことをするのだろうと思いつつも勢いで応募したことがはじまりでした。
3年生の4月から4年生の現在までの2年弱…。どのようなことをしていたのかと過去を振り返ってみました。
まず、演劇。わたしは高校から演劇を始め、大学でも演劇部として活動していました。なかなか役者として参加することはできなかったのですが、高校とは違って全部自分たちで企画準備をする大変さをしりましたし、そのおかげでいろんな方々と関わる機会が増え、人脈も増えました。そして何より演劇は楽しい!と改めて実感することができたので、今後も社会人になって余裕ができたら何か演劇活動ができたらなと思います。
学業においては、ゼミの活動に力をいれてきました。青森県鰺ヶ沢町の住民が抱える問題を解決するため町役場の方々、社会福祉協議会の方々と連携して解決策を提案しました。鰺ヶ沢には…3回訪れて今年の東北学院大学の学際でも鰺ヶ沢のPRをするため出店もしました!
他にも旅行では、沖縄・大阪、京都などなどいろんなところにも行きましたし、初めてチャレンジすることも沢山ありました。こうしていろいろなことにチャレンジするようになったのも、fmいずみの学生リポートに応募したことがきっかけだったんだなと思っています。あと3か月で学生生活は終わってしまいますが、忙しくなってもいろんなことにチャレンジすることを恐れないで充実した社会人生活をおくれたらいいなと思います!そのために…。まず卒業論文を無事終えられるよう頑張ります…(:_;)

いままで学生リポートを聞いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
fmいずみの阿部さん、伊藤さんをはじめとするスタッフのみなさん。同じ学生リポートをやっていた葵ちゃん、かさねちゃん。そしていつも優しく支えてくださった黒沼さん。本当にお世話になりました。ありがとうございました!
みなさんがこれからも元気に活動できることを祈っています。そして私もみなさんに負けないように頑張ります!

以上、学生リポート月曜日担当の白鳥美穂でした。
d0029276_1572510.jpg
d0029276_1574451.jpg
d0029276_15271114.jpg

by fm797izumi | 2015-12-28 15:29 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE「2015年の振り返り」


こんにちは!
学生リポーターの中村かさねです(*´︶`*)

早いもので2015年ももうすぐ終わりですね~
皆さんは、今年はどんな一年でしたか?

私の2015年のビッグイベントは、家族が増えたこと!
ご紹介します、うちのミルちゃんです♡

d0029276_10445578.jpeg

ひょんなことから我が家に来て、すぐに仲良しになったちっちゃな妹。

d0029276_08183645.jpeg


一緒にテレビを観たり…♡

d0029276_08201483.jpeg

かくれんぼも上手なんだよね〜!

d0029276_08210016.jpeg

あ、みつかっちゃった〜(≧∇≦)

d0029276_10465708.jpeg

おっと、ついつい話しすぎてしまいました(笑)
2015年は、“猫と暮らす”という長年の夢が叶った年でもありました✩‧₊˚

我が家の話題の中心はミルちゃんでしたが、今年も様々な話題が世間を賑わせましたね。

今日の大学生のJIMOTO EYEは、2015年の出来事を大学生目線で振り返りました!


まず、大学3年生の私たちにとって、特に衝撃が大きかったのは、就職活動が6月からスタートになったことです。

今の就活生は4年生の8月から、それ以前は3年生の冬から春の間にスタートしていた就職の試験や面接が、来年度から4年生の6月から行われることになりました。

このことについて、同級生はどう感じているのか聞いてみたところ、

・8月からの就活に照準を合わせていたので、焦っている。
・部活の大会と時期が重なってしまって、大変そう。
・8月の暑い時にリクルートスーツを着て歩くのは辛そうなので、早まって良かった。

などの意見がありました!

私は、4年生になったら、卒業論文に力を入れたいと思っていたので、夏休みが終わる前に、就活が終わるのが理想だったなと思いました(>_<)

考え方は様々ですが、やはり大学3年生にとって就活は不安の種であることには変わりないようです。
混乱や不安のある中で、インターンシップやOB訪問、将来働きたい現場でアルバイトをするなど、学外の活動に力を入れた年だったという人が多かったです!


さて他にも、2015年は忘れてはならない節目を迎えた年でしたね。
それは、終戦70周年であるということです。それと同時に仙台七夕まつりも、戦後復活70年目の記念の年でした。
わたしの大学には、県外から来たという人も多いのですが、「今年は節目の年だったから、初めて七夕まつりに行ったよ!」という学生もおりました。


d0029276_10572563.jpeg


また、仙台の歴史や戦争と平和について考えることの多い年になったのではないでしょうか。

私は終戦記念日に、太平洋戦争中、特攻隊の飛行機に絵を描いて、特攻隊の方々が飛び立つのを見送っていたという女性のお話を伺いました。
その時感じたのは、戦争は歴史のひとつであるが、それ以前に我々の「経験」であるということ。
だからこそ、「悲しい」「辛い」という言葉だけでは表せないことだと思います。
戦後に生まれた私たちは、経験をきちんと聞いて、学び、考えることが我々の果たすべき責任だと感じました。


政治の世界でも、安全保障関連法案の話題が多く飛び交った年でしたね。

そのようなこともあり、財団法人 日本漢字能力検定協会が毎年決めている“今年の漢字”は「」でした!

この漢字に決まった理由は他にも、「安心してください、履いてますよ!」のフレーズが流行したことも挙げられています!
小・中学生に人気なのかと思えば、大学生も「安心してください、〇〇ですよ!」を頻用していました(*^_^*)


思い返せばいろいろあった2015年でしたが、私たちの地元は、“キラッ”と輝く瞬間がたくさんあった様に思います!

d0029276_23583527.jpeg


私も、いろいろなところへ行ったなぁ〜!

d0029276_23012951.jpeg


いっぱい勉強して、いっぱい遊んで、いっぱい笑って…
ますます“地元愛”が深まった2015年でした(*^_^*)

さて、来年はどんな1年になるかしら?✨

なんだか楽しいことが、たくさん待っている様な予感…☆

皆様の2016年も、素晴らしい年になることを、心よりお祈りしております!


最後に、リスナーの皆様、今年も本当にお世話になりました。
今年は、「ラジオ聴いたよ!」とメールや声をかけてもらえる様になってとても嬉しかったです!ありがとうございました!
引き続き来年も、毎週火曜日14:00〜「 大学生のJIMOTO EYE」をよろしくお願いいたします✩‧₊˚

次回の放送は、1月12日(火)です♪

それではみなさん、よいクリスマスを。
そしてよいお年をお過ごしください!

学生リポーター
中村かさね

by fm797izumi | 2015-12-22 12:55 | ★リポータの部屋★

大学生のJIMOTO EYE「絵本」


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです!

突然ですが、みなさん、小さい頃に読んでもらった「絵本」を覚えていますか?

先日、屋根裏部屋をのぞいてみたら、小さい頃に読んでいた絵本がたくさん出てきたんです♪

d0029276_11271244.jpeg

絵本のことを思い出すことなんてほとんどありませんでしたが、実物を見た瞬間、「コレ好きだったな~!」「寝る前は必ずコレだったな~」と、思い出が一瞬で蘇りました。

そこで、今日の大学生のJIMOTO EYEのテーマは「絵本」にしました!

懐かしい絵本を見たとき、いつか私も母親になったら、子どもにたくさん本を読んであげたいなと思ったんです。
でもせっかく子どもに読み聞かせをするなら、上手に読んであげたいよなぁと思っていたのですが、そんな時出会ったのが市民活動「みやぎ親子読書をすすめる会」!

こちらは、絵本の読み聞かせを通して、よりよい親子関係と子どもの文化環境を育むことを目的に活動する団体です。

先日私は、エル・パーク仙台の和室で行われた、「みやぎ親子読書をすすめる会」の活動に参加して参りました!

集まったお母さん、おばあちゃん世代の参加者の皆様の前で、実際に絵本を読み聞かせながら、そのコツを教えていただきましたので、まとめてみましたo(^▽^)o

d0029276_12140806.jpeg


絵本の読み聞かせの極意 〜大人数編〜

1.絵本が中央に来るように構えて、どの角度からも見えるように保つ。

2.本はあらかじめ、下読みをしておく!
本のカバーやはがきも外して、開き癖をつけておく。
 
3.本は下の方の中央を持ち、ページをめくるときは、手が絵に被らない様に下からめくる。
そしてたとえ裏表紙が真っ白でも、一枚一枚、丁寧にめくること!

4.ゆっくり、はっきり、大きな声で読む!
文字を読み終わったら、少し間をおいて絵をじっくりみせる
絵本の命は、何と言っても「絵」ですから!

5.読み聞かせの時は、顔を子供たちに向けない
私が読み聞かせをした時、お話にメリハリをつけたり、私の表情も大事かなと思い、時折子どもたちの方へ顔を向けて絵本を読んでいました。
しかし、それでは子どもたちの絵本への集中を途切らせてしまうということで、大人数への読み聞かせの際は、ナレーションに徹することが大切と教えていただきました✨

子供たちをいかに絵本の世界に引き込むかが、大切だそうです!

さて次は、自分の子どもなどに読み聞かせる時のコツ!

読み聞かせの極意 〜少人数編〜

1.子どもを膝の上に置いたり、体を寄り添わせて隣に座らせたりする。

2.子どものリアクションを見ながら、会話をしながら読み聞かせをするのもOK!

少人数の場合も、絵本の世界を大切にすることが大切ですが、子どもとのコミュニーケーションを積極的に取ることも良い方法だそうです(^_^)

みなさんも、読み聞かせの機会があれば、ぜひお試しくださいね☆
d0029276_12165063.jpeg


体験してみて感じたことは、大人が「上手だなぁ」と思う人の読み聞かせは、子どものリアクションが違うと言うこと!
まだ1歳にもならない様な赤ちゃんが、上手な人の読む絵本には、きゃっきゃと声を出したり、じーっと見ていたり、小さな子でも違いがよく分かるんだなと驚きました!

それから、今回の参加者は女性だけでしたが、ぜひ男性にも参加していただきたいなと思います。

これからは男性も、育児においてますます大きな役割を担う時代ですものね(^_^)


今回ご紹介した、「みやぎ親子読書をすすめる会」は、毎週第2土曜日の14:00~15:30に活動しています!
ただし、来年1月だけは、1月16日(土)(第3土曜日)の14:00〜15:30 の活動になるそうです☆

場所は旧141ビル エル・パーク仙台の和室です♪

お気に入りの絵本を一冊持って、ぜひ足を運んでみてください!

それでは来週も、よろしくお願いします!

by fm797izumi | 2015-12-15 13:54 | ★リポータの部屋★