「いのちの森づくり国際シンポジウムin杜の都仙台」

杜の都仙台を本物の森がある都にしようという「いのちの森づくり国際シンポジウム」今週末6/27(土)に東北福祉大学けやきホールで開催されます。
今日のLady,Go!では、このフォーラムについて、あしたを植えるプロジェクト実行委員長で輪王寺副住職の日置道隆さんにお電話をつないでお話をお伺いしました。
輪王寺では、毎年植樹祭を開催し、5年間で敷地内に約50種、32,000本もの「ふるさとの木々」を市民のみなさんとともに植樹してきたそうです。その実績が高く評価されて、今回の国際シンポジウムが開催されることになりました。当日は植樹の前に、柴田三兄弟による津軽三味線&康本雅子先生によるダンスパフォーマンス、宮脇昭先生やリチャード・ポット先生の講演、パネルディスカッションが行われます。
入場無料で事前の申し込みも必要ありませんので、お気軽にご参加ください。
詳しくは輪王寺のHPをご覧ください。
by fm797izumi | 2009-06-24 15:41 | ★ゲスト★
<< 「S-style」リニューアル... 2009国際交流&国際交通フェスタ! >>