毎日くだもの200グラム運動。現在推進中。

d0029276_1275551.jpg

「毎日くだもの200グラム運動」マスメディアフォーラムに参加してきました。

果物の健康機能性の最新研究・・・では。
「みかんを食べる人は生活習慣病が少ない。」
2003年から三ケ日町で調査研究された結果です。
フォーラムでは、みかんに特徴的に含まれる成分βークリプトキサンチンの効果を、果樹研究所薬学博士の杉浦実さんが紹介。

一般的に思われがち・・・果物は甘いから太る・・は間違い!とのこと。
果糖のカロリーは他の糖やでんぷんと同じ。また、他の食物と比べて水分が多く、カロリーが少ない、食物繊維も豊富に含まれています。
だから生活習慣病に効果的なんですね。もちろんダイエット中にも。健康にも必要です!

平成17年に「食事バランスガイド」が決まり、果物は毎日の食生活に必須な食品と位置付けされました。そのなかでも、1人一日2つ(おおよそ200g)を摂ることが勧められています。200g=みかん・もも・キウイ・かきなどでは2個。りんご・梨などなら1個。
世界的にみると、現在日本の果物供給量はおどろくほど少ないです。
(一番多いオランダでは1人一日500g。日本は150gです)

ビタミンC以外でもおおくのミネラルや栄養素がたっぷり含まれている果物。
子どものころから、しっかり食べる習慣がほしいところですね。

多くの生産者のみなさんと自然の恵みに感謝して。。。
「おいしいものには福きたり。良薬?口に甘し・・・かな。」
さてさて今日はみかん箱買いしましょ!

詳しくはこちら
(財)中央果実生産出荷安定基金協会、果物のある食生活推進全国協議会へ。

         Lady,Go!モーニングカフェリポート2009♪5 fm.rie ono
by fm797izumi | 2009-02-03 12:09 | ★リポータの部屋★
<< xevoの日 ダイワハウス リ... むーちんのコッコcafe #3 >>