第44回番組審議会報告

第44回番組審議会議事録
1、開催日時  平成20年6月30日(月)午後7時~
2、開催場所  地下鉄泉中央駅ビル3F 交流サロン
3、委員の出席 
委員数    7名
出席委員数  4名
出席委員の氏名 中村礼子 伊藤賢次  冨樫通明 山田富美子
放送事業側出席者氏名   専務取締役放送局長 作間吉博  伊藤智瑛子
4、議題    
(1)番組審議
(2)その他
5、議事の概要   議題(1)(2)についての審議

6、審議内容
今回は、「ウルトラMCガールズのうるらじ」(平成20年6月21日放送分)について審議しました。
「ウルトラMCガールズのうるらじ」
制作:有限会社 エンターゲート 
放送時間:毎週土曜日 10:00-10:28
        
〈番組内容〉
平成20年4月に番組スタート。ウルトラヒーローイベントで活躍中のウルトラMCガールズのまさよお姉さんがパーソナリティを務めています。ターゲットは子どもとその親。番組では、パーソナリティの活動の様子やイベント情報を始め、ウルトラヒーローについてのクイズやリスナーからのメッセージなどをウルトラヒーローに関連する楽曲とともに楽しく伝えています。また、今までテレビで見るだけだった受身のウルトラの番組とは異なり、「参加型」の番組を目指しているのが大きな特徴です。その一環として、イベント会場にきていた子どもの声を収録し、番組のタイトルコールとして使用しています。

〈審議内容〉
番組審議委員から番組に対して「パーソナリティがハキハキとテンポよく話していたので、聴きやすかった」「ウルトラヒーローのイベントMCを担当している女性がパーソナリティをしている番組はめずらしい。どんな活動をしているのか興味があるので、これからも続けてほしい」「ウルトラマンは小さい頃好きだったので、とても懐かしく感じながら聴くことができた」「今の子供だけではなく、昔の子供(大人)も楽しめる番組」「同じイベント情報を番組の最初と最後に告知していたので、印象に残った」「ウルトラヒーローの情報を学ぶことができ、今まで断片的だったものがつながった」「ウルトラヒーローの情報を毎週取得できるのは、ファンにはたまらない」「メッセージ紹介のコーナーでパーソナリティが子どもの疑問に真摯に答えていたのが、とても好感を持てた。これからも積極的にメッセージを紹介してほしい」「タイトルコールを読み上げている子どもの声が非常にかわいく微笑ましかった」、一方で「ヒーローの紹介だけでなく、怪獣の話も取り上げてみてはどうか」「子どもだけではなく、大人もさらに楽しめる番組内容だと嬉しい」「パーソナリティの話が多い傾向がある。イベント会場で子どもやその親にインタービューした模様を流したり、ゲストを登場させるなど、別の声も取り入れてみてはどうか」「イベント案内でレオ体操をやると言っていたが、どんなものか想像がつかないので、説明があると嬉しい」「ウルトラMCガールズとはどんな団体か、もう少し説明があった方がいい」「子どもの声を用いたタイトルコールの使い方をもっと工夫した方がいい」といった意見もいただきました。

7、審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えています。

8、審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表 番組名 「Come and Go!」
 日時 平成20年7月9日(水)
・ホームページに掲示
by FM797IZUMI | 2008-07-09 17:43 | ★番組審議会★
<< 第1回 骨髄バンクいのちの輝き... 実写映画化「火垂るの墓」の日向... >>