サンポーニャ・ケーナ奏者 瀬木貴将さんライブ。

瀬木貴将 MOON ROADツアー。6月22日 
青葉区米ヶ袋カフェモーツアルトアトリエにて。
d0029276_11573633.jpg

サンポーニャは南米アンデス地方の民族音楽、フォルクローレに使われる民族楽器。
アンデスの高原をわたる風の音。ビエントの美しい音色です。
通常長さを変えた「葦」の管・・・穴の直径は1.5センチから2センチほど・・・を6本と7本の列に並べてそれを2段に組み合わせて音階を刻む楽器ですが・・・。

瀬木さんのサンポーニャは、10本11本12本を3段にならべた、演奏用に手作りしたもの。
d0029276_11564572.jpg

笛とおなじように、息を吹き込んで音を出しますが、かなりの肺活量が必要と見ました!
長さが1メートルを越える重低音のサンポーニャは、本当にかなりかなり・・・。
からだ全体をもっていかれるような、強い音の響きですね。

今回のツアーは、ジャズピアニスト佐山こうたさんとのセッションでしたが、途中ジャズナンバーでのサンポーニャも聴かせてくれました。
2人で交互に音を掛け合うサンポーニャのコンテスタードの演奏もあり、カリンバ、チャランゴの演奏もあり。(チャランゴ・・・写真テーブル右端。胴の部分はアルマジロ製)
音色を堪能してきました。

今回のツアーは、日本をテーマに作曲された最新アルバム「MOON ROAD」。
夜、海から登ってくる月と海にうつる月明かりの道をイメージしています。

7月4日から仙台市青葉区本町 自然史博物館で開催される「ナスカ地上絵の謎展」のテーマ音楽は瀬木さんの作曲演奏です。
7月26日には展覧会場にてライブ。


d0029276_11594990.jpg
「5月にボリビアでレコーディングをしてきました。」というお話も楽しく聞かせてくれました。
そのCDは11月に・・・たぶんボリビア時間でいうと、
年明けかも?・・・リリースの予定です。

ライブリポートでした。 
オノリエ
by fm797izumi | 2008-06-26 17:09 | ★リポータの部屋★
<< 第90弾 タカラ米穀の生活応援セール くろすろ-ど企画のお知らせです。 >>