10月から始まるごみ有料化について

今日のCUBE-1-Musicのゲストは仙台市環境局総務課 主任の大須賀淳さん。
みなさんが気になっている「ごみ有料化」について、お話をいただきました。
10月からのごみ有料化の目的は2つあります。

① ゴミの量を減らし、分別をしっかり行っていただくための動機付け
② ゴミを出す量に応じて適正な負担をしてもらう

なんと、仙台市では、生活ごみの処理に年間約79億円の税金を使っているそう。
つまり、たくさんのごみの処理費用が莫大な税金で支払われていて、ごみの分別をしないで多くのごみを出している人のためにより多くの税金が支払われているという状況なんです。
ごみ減量に協力している人ほど損をしてしまうなんて、本当に不平等ですよね。
そんな不平等が10月からはなくなる仕組みになります。
有料化といっても、お金を現金で支払うというのではなく、新しいごみ袋の料金が少し高くなります(今までのごみ袋の価格+ごみ処理費用)。
また、ごみ集積所での紙類の定期回収も始まります。月2回、無料です。

ごみ有料化を機会に、改めてごみや環境について考えてみてはいかがでしょうか。
環境を守ること、エコ活動が結局は自分のためになります。
ごみ有料化についての疑問・質問は「ごみ有料化ホットライン」をご利用ください。 

お問い合わせ先
ごみ有料化ホットライン TEL 022-214-5374(ごみなし)

d0029276_14482529.jpg

by fm797izumi | 2008-06-20 15:14 | ★ゲスト★
<< 「ScApegoat」生出演 モバゲーが生んだ歌姫!!clo... >>