大切な方を失った方へ心のケア 「悲嘆ケア」

3月25日(火)「Come and Go!」に宮城大学看護学部教授の宮林幸江さんに来ていただき宮林さんが行っている「悲嘆ケア」についてお話をうかがいました。
d0029276_935209.jpg


宮林さんは老年看護学を専門とされていますが、ご自身の夫をなくされた経験をきっかけに大切な人を失った方への心のケアを研究し、日本で初めて「悲嘆ケア(グリーフケア)」のプログラムを考えワークショップという形で年1回(海の日ある土日)開催しています。(要望があれば他の日程でも開催している)また宮城大学を会場に悲嘆ケアを奇数月の第一金曜日に開催しています。このケアは参加された方々の合わせて、他の人の話を聞いていただいたり、自分の抱えている悩みを参加している方の前でお話いただいたりと内容を柔軟に変えているそうです。次回 5月9日 宮城大学で開催されます。
申し込み方法などは宮林先生の「悲嘆ケア」HPにてご確認下さい。
HPはこちら
by fm797izumi | 2008-03-28 09:39 | ★ゲスト★
<< 今年もやります「2008春銘酒... 環境教室in仙台 >>