災害に強くなる!「生き残る」ための知識・知恵・つながり。

写真は、仙台市水道局給水車。蛇口のノズルは4種類あります。
(やかん用、ボトル用・・)
d0029276_127358.jpg

仮避難所。
d0029276_1275119.jpg
防災センター内にある資機材。炊飯装置。
d0029276_1281369.jpg
自己防災グッズ・・・。
d0029276_1294071.jpg


3月8日(土) 泉区中央市民センターで行われた講座
テーマは、「じしん」って知ってる?!-自身の地震への自信ー に参加してきました。

東北学院大学の学生スタッフのみなさんが、企画から各関係局署や地域の防火クラブへ協力のお願いなどの交渉、当日の運営まで担当した「学生企画」の講座です。
(みなさん9ヶ月間お疲れ様でした)

消防署・水道局・ガス局。講話と展示体験コーナー。暗闇体験。避難所体験。防災センター見学。地域防火クラブの避難食「アルファ米づくり」。

災害に強くなる!とは・・・自分自身の知識を高め+経験者からの知恵をかり+日頃から自分の周りの人とつながりをもつ。ネットワークづくり・・・・・企画した学生スタッフのみなさんも、地域のひとりという意識が生まれたようです。

これからも多くのみなさんが「災害に強くなる!」講座に参加されますように。
この企画を土台にぜひ継続を。

                      Lady,Go! モーニングカフェリポート オノリエ 
by fm797izumi | 2008-03-11 12:08 | ★リポータの部屋★
<< 兄弟フォークディオ「ピース」が... 「みやぎ社会貢献大賞」の募集に... >>