阪神淡路大震災から13年

d0029276_12175861.jpg
今日の「泉消防コーナー」には、仙台市泉消防署救急救命士の阿部ゆきえさんが生出演。
阪神淡路大震災からちょうど13年になる今日、震災を経験したある救急隊長の手記を朗読しました。

現場で活動した救急隊員は、助けたい命があっても手が届かない、助けを求めているすべての人には応えることのできない現実・・・。

仙台の救急車は22台。大きな災害が起こった場合、対応しきれないのが実際のところ。阿部ゆきえさんは、「災害がおきたとき、いつもの生活の中で誰かが急に倒れたりケガをした時、みなさんに『1人目の救急隊員』になって欲しいんです」と呼びかけました。(普通救命講習会については最寄の消防署へお問合せください)
by fm797izumi | 2008-01-17 12:20 | ★番組からのお知らせ★
<< 「重縁饅頭」のお店「御菓子之辻... オープンギャラリーくろすろーど... >>