第37回番組審議会報告(議事録)

第37回番組審議会議事録
1、開催日時  平成19年4月26日(木)午後7時~
2、開催場所  地下鉄泉中央駅ビル3F 交流サロン
3、委員の出席 委員数    7名
           出席委員数  4名
           出席委員の氏名 大滝精一  伊藤賢次 冨樫通明  山田富美子
           放送事業側出席者氏名    専務取締役放送局長 作間吉博
                                              堀籠和幸
4、議題    (1)番組審議 (2)その他
5、議事の概要   議題(1)(2)についての審議
6、審議内容
今回は、平成19年4月3日、4日、5日に放送した
「fmいずみ イーグルスLIVE RADIO
 東北楽天ゴールデンイーグルス対北海道日本ハム戦」について審議しました。
〈番組内容〉
今回fmいずみが開局以来始めてプロ野球の試合中継を行いました。東北楽天ゴールデンイーグルス対北海道日本ハム戦の試合をフルキャストスタジアム宮城から試合開始前のスタジアムの様子、試合開始から試合終了まで完全生中継しました。今までの実況中継とは違い、1球1球の実況・解説ではなく、新しい試みとして球場の雰囲気、お弁当や球場の周りで行われているイベント情報、放送中にメールを読んだり、音楽をかけたりと初めて野球中継を聴く方やあまり野球に詳しくない方でも楽しめるリスナー参加型の放送を行いました。またFM放送の音質の良さを生し、スタジアムの場内アナウンスや打球・ミットの音などもお届けし臨場感のある放送を目指しました。

放送日:平成19年4月3日(火)、4日(水)、5日(木)12:30~ 試合終了まで
         
  審議では全体的に今までの野球中継とは違い面白い試みであり、音が良く球場にいるような臨場感があるという意見をいただきました。放送が試合開始直前からでなく、試合の前の国歌斉唱などのセレモニーの様子も取り上げており、野球だけではない球場の様子が分かり良かった・解説が元選手でなく地元の人で親近感が持てたし、コメントが的確でわかりやすかった・球場の音(審判の声、ミットの音、歓声)がよく聞こえて臨場感があった・パーソナリティと解説のバランスが良かった・ゲスト(キーナートさん)のコメントが良く、なかなか普段聞けない話もあり面白かった・女性パーソナリティの女性目線からのコメントが良かったとの意見をいただきました。
一方で場内アナウンスの音声がやや大きく、fmいずみパーソナリティの声との判別つきにくい・せっかく3日間放送していたので、次の日球場に来る方に対する情報(試合当日はまだ寒かったので、暖かい格好で来るといいなど)がもっとあるといい・あまり野球が詳しくない方に選手の風貌や特徴、人柄などラジオで想像力を働かせるような情報が欲しい・細かい状況説明が足りない・相手の攻撃時にメールを読むなどの試みは新鮮だが難しい部分もあるとの意見もいただきました。

7、審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
  番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、
  今後の番組制作に反映させていきたいと考えている。

8、審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表 番組名 「Come and Go!」
            日時 平成19年5月15 日(火)
・演奏所及びホームページに掲示
by fm797izumi | 2007-05-22 19:59 | ★番組審議会★
<< 東北大学学友会邦楽部第38回三... 南光台のことならおまかせです。... >>