チャランゴ奏者のカニータさん

南米の楽器、チャランゴ奏者の植月佳奈さん(泉区在住)は、本格的に学ぶためボリビアへ1年間、音楽留学をした経験を持つ方です。「エル・アルマ」「コンフント・トラピチェ」「カニータ・チャランゴライブ」などのバンドでフォルクローレの演奏活動を展開しています。
d0029276_19373192.jpg

2月5日(日)18:00~「ドリーミングトーク」では、カニータこと植月佳奈さんに、チャランゴの魅力とフォルクローレを中心とした音楽の愉しみについて伺います。カニータさん作曲の「小さなサンバ」もお送りしますので、お楽しみに。

(ボリビアで「佳奈」は「カニータ」。ちなみにドリーミングトークの阿部清人は「キヨティート」だそう。)

<「コンフント・トラピチェ」ライブ情報>
2月19日(日)12:00~
「ミュージックアラカルト」仙台市若林区中央市民センター(282-1173)
2月26日(日)12:50~
「ふれあいまつり」仙台市青葉区中央市民センター(223-2516)
by fm797izumi | 2006-02-03 19:39 | ★番組からのお知らせ★
<< 東北生活文化大学 生活美術学科... カムゴーに「VOXRAY」が登場☆ >>