「東北・みやぎ復興マラソン2017」のご紹介

 「Daily Caf'e」(月)担当の佐藤明子です。5月29日(月)の「トピックライブラリー」で、今年10月1日(日)開催の「東北・みやぎ復興マラソン2017」について、仙台放送 広報部長 柳沢剛さんにご紹介いただきました。

  柳沢さんは、
「東日本大震災から6年半あまりが経過する2017年10月。宮城県の沿岸部、名取市・岩沼市・亘理町にまたがるエリアで震災後の県内では初となる公認フルマラソン大会(予定)を開催することになりました。
  コース全域は東日本大震災の津浪で被害を受けた地域で、かさ上げ道路や防潮堤などの整備が進み、インフラの面では復興しつつある大地に、「新しい感動と記憶と元気」を創り出し、心の復興へとつなぐマラソンを、地域住民、そして全国からのランナーの皆さんとともに創り上げていきます。
  2017年、被災地復興の“今”をマラソンというスポーツを通じて、日本や世界の皆さんに伝えたい」
とおっしゃっていました。

 大会スケジュールは、
 2017年9月30日(土) 「車いすジョギング」「親子ペアラン」
 2017年10月1日(日) 「フルマラソン」「ファンラン」

  現在、参加者を受付中です。応募の締め切りは6月30日(金)ですが、募集人数に達し次第締め切りです。
  
  エントリー方法は、パソコンまたはスマートフォン、タブレットなどインターネットを利用できる端末をご用意の上、大会公式ホームページから。(お申し込みはRUNNETの会員登録が必要です)
   
  メイン会場の「岩沼海浜緑地・北ブロック」では「復興マルシェ2017」を開催。来場者の皆さんがランナーや地域住民の方々と交流しながら、東北のグルメを堪能できるコーナーをはじめ、被災地応援として熊本県のブースも予定されているそうです。

d0029276_21541673.jpg

  今回第一回大会ということでスタートの年ですが、来年以降も「宮城の復興の今」を、マラソンを通じて伝えていってほしいです。


           

by fm797izumi | 2017-05-29 19:28 | ★ゲスト★
<< 2017年6月のパワープレイは・・・ 第二の家、それぞれの居場所。 >>