体験しました!災害用伝言ダイヤル171

d0029276_11502723.jpg 記憶に新しい今年8月の宮城地震。そして近い将来高い確立で発生することが予想されている宮城県沖地震。防災意識が高まってきていると思います。皆さんで、災害時の安否の確認を日頃から学んでおきましょう。ということで、本日は、ladygo!のゲストとしてNTT東日本-宮城支店 災害対策担当 中澤貴晴さんが「災害用伝言ダイヤル171」ご説明にいらっしゃいました。
 地震などの災害が発生したときには電話が混雑して大変つながりにくい状態になります。
このような場合でも被災地の方々と連絡を可能にするのが「災害用伝言ダイヤル171」サービスです。
 「災害用伝言ダイヤル171」はより多くの方々に171をご利用していただくために、お正月を除く「毎月1日」を171体験利用日として設定しています。
『171』に掛けますと、音声で操作案内が流れます。それに従ってダイヤルしていただければ、音声の録音や再生が可能となっています。

「災害用伝言ダイヤル171」
■利用できるときは
 地震の場合は震度6弱以上。他の災害の場合は被災地域につながりづらい状態になった場合にNTT側で速やかに利用できるようにします。テレビやラジオ、インターネットを通じて皆様へお知らせいたします。
■利用できる電話機は
  ご家庭の電話機、公衆電話、携帯電話、などからご利用可能です。
■伝言録音時間
 1伝言あたり30秒以内です。
■伝言保存期間
  録音してから2日間(48時間)です。
  保存期間を経過した時点で自動的に消去されます。
■蓄積できる伝言の数
  1つの電話番号あたり最大で10件です。
■利用料金
  伝言を録音する時や、再生する時の通話料のみ必要です。

 体験したパーソナリティの江澤さんは、「171」知ってはいたけど実際使用したのは初めてでした。もしものことが起こってからではなく、一度利用を体験することがとても大切だと感じましたよ。
 親戚や家族の間で、171に録音する電話番号を事前に
決めておくことをお勧めいたします。171を、「いない」と読んでください。 『忘れていない(171)』と覚えてくださいね。

この度NTT東日本-宮城支店よりリスナーの皆様にプレゼントがあります!d0029276_11495592.jpg 100年カレンダー・アラーム時計・ストップウォッチ・トーチライトがついた「多機能クロック」を5名様にプレゼント

応募方法は、はがき・FAX・Eメールでお願いします。
〒981-3133 仙台市泉区泉中央1丁目7-1地下鉄泉中央駅ビル3階
fax 375-7501 メール mail@fm797.co.jp
『多機能クロック』の係まで・・・
応募の締め切りは、12月3日(土)必着です。
皆さんからのご応募お待ちしております!
by fm797izumi | 2005-12-01 11:53 | ★ゲスト★
<< 330年老舗の新製品! SWiNG2Fに、ガーデンガー... >>