大学生のJIMOTO EYE 「タピ大 スマホdeカメラ」


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです☆


さっそくですが、今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、スマホできれいな写真を撮る方法をご紹介しました!

皆さまおなじみ、仙台泉プレミアムアウトレットで行われているタピ大で 「スマホde写真」を受講してきました!
この日の講師は、セミプロカメラマンの三村和彦さん。
スマホを使ってきれいな写真を撮るコツを教えていただいたので、ポイントごとにご紹介します☆


ポイント1.レンズをきれいにする

毎日使っているスマホだからこそ、忘れがちな作業かもしれません。
皮脂や傷がつかないように、やさしく拭いてピカピカにしてください!

ポイント2.構図を意識する

写真を見返してみたときに、なんとなく同じような印象を受けていませんか?
それはもしかしたら、構図がワンパターンになっているからかも。

撮りたいものを画面の中心に移す方法は、被写体を強調できるというメリットはありますが、飽きられやすいという性質を持っているそうです。

写す位置をずらしてみたり、角度や距離感を変えてみるだけで、印象がガラリと変わりますよ☆

これはスマホだけではなく、ガラケーの方でも使える技ですね!

3.接近して撮るべし

例えばお料理を撮るとき、ついつい全体を写したくなりますよね。


d0029276_18413380.jpg


だけどそこはあえて大接近して撮ることで、


d0029276_1841497.jpg


インパクトがあり、おいしそうに撮れるんです!

このようにお皿や料理全体を写さない写真を、「シズル写真」と言うそうですよ!

可愛い動物や小物を撮る時も、

d0029276_18382834.jpg


↑と普通に撮るよりも、可愛いところを強調してあげるようにアップにして、背景をぼかすとあらオシャレ✨


d0029276_18384175.jpg


d0029276_18401943.jpg



こちらは「マクロ写真」という方法だそうです(*^o^*)

どのポイントも今すぐに実行できることだと思うので、皆様も是非、お試しあれ!


タピオ館立オープン大学」では、この様な楽しい講義が毎日聴けますよ!
仙台泉プレミアムアウトレットにて、平日の19:00~20:00に開講しています。
受講は無料、しかも誰でも先生になれるので、「ぜひ得意分野を語りたい!」という方は、コチラのページをご覧ください。
詳しくは、アウトレット内のパンフレットやホームページでもご覧いただけます!


さてさて、三村先生にはきれいな写真の撮り方を教えていただきましたが、ここからは私の“自己流”の「きれいな写真の写り方」をご紹介します(笑)

実は私、昔は写真が苦手でした(>_<)
苦手だからこそ、少しでもマシに写りたい!と思っていつも工夫をしていたので、よかったら参考にしてみてください♪

1.写真は中央に写るべし!
スマホのカメラって、端に写る部分がゆがむ性質があるんですよね。だから端に写ると、太って見えてしまいます。
少しでも痩せて写りたい方は、センターを死守してください(笑)

2.下から撮るべし!
理屈は簡単です、顔は小さく、脚は長く写れるから(^_^)

d0029276_19291796.jpg


※往年のアイドルリカちゃんにモデルさんになってもらいました☆


3.光は横から当たるように!
真上から光が当たると、クマが出来て見えたり、まぶたに光が当たって腫れぼったく見えちゃいます。
窓際など横から光が入れば、鼻が高く立体感のある顔になります!


4.堂々と写ることが大事


もじもじのリカちゃんよりも

d0029276_19445421.jpg


堂々のリカちゃんの方が魅力的☆

d0029276_1945693.jpg


私は今でもまだ、写真大好き!とまではいかないのですが、でも、このかけがえのない瞬間をカタチにする」と思うようにしたら、不思議と抵抗がなくなりました!
しかもそう思って撮るだけで、心なしか後から自分で見て、いい気持ちになれる写真写りになったような気がします。
要するに気持ちの持ちようなのかしら。
どうせ写るなら楽しく写ろうが今のモットーです(≧∇≦)

あくまで自己流のポイントでしたが、よかったら参考にしてみてください!
そして、皆様流のコツや、お気に入りの写真があれば、ぜひお送りくださいね☆


来週の大学生のJIMOTO EYEも、火曜日14:00〜
生放送です!

次は何をお話ししようかな〜?


by fm797izumi | 2016-02-09 13:56 | ★リポータの部屋★
<< 大学生のJIMOTO EYE「... 本日ライブです!玲里@カフェ ... >>