第87回番組審議会報告

第87回番組審議会議事録

1 開催年月日  平成27年8月26日(木)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席  委員数    6名
           出席委員数  5名
出席委員の氏名  冨樫通明 伊藤賢次 小野理恵 米本正広 豊島亜沙美 
欠席委員の氏名  山田富美子
放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博 堀籠和幸 高橋潮美

4 議題    
(1)番組審議(2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容

審議した番組は、毎週水曜日12:30~12:58に放送している収録番組『大人の情~ク番組 おとなのジョークタイム「百本木ヒルズ」』でした。この番組は、2015年4月曜日からスタートした番組で、年金・介護・健康問題について利用者の立場から向き合っています。シニアライフの充実のため、年金の漠然とした不安の解消や、健康問題について、ゲストを交え現場の声をお届けしています。現在のパーソナリティは、ねんきん探偵武田事務所 武田修、One Story・からだ元気治療院 田中志津、家庭料理蓮 浅野美子。週代りパーソナリティで放送しています。
今回は、8月19日(水)放送分を取り上げて、審議しました。今回のパーソナリティは武田修と浅野美子。番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

【番組タイトル】
「番組の名前がおもしろく、印象的だった」
といった声がありました。一方で、次のような意見もありました。
「お笑い系の番組なのかと期待していたけれど、違った」
「タイトルと番組の中身が合っていない。ジョーク番組ではない」

【内容】
「テレビでは見る内容であるが、ラジオで聴くのは初めての内容でおもしろかった」
「CMが手づくり感がり、聴いていて和んだ」
「番組の構成が良く、バランスが良かった」
「年金の話は難しそうなイメージだが、わかりやすかった」
「話し手の声が聞き取りやすかった」
「曲の選曲が良かった」
という声がありました。一方、次のような意見もありました。
「どの世代に向けてのトークなのかイメージが沸かない。取り上げる話題が20代~50代向きで、60代の人が聴くと当たり前の話である。シニアライフにとって現実的な話があっても良いのではないか」
「男性に向けてなのか、女性向けなのか。年齢層は?など、対象が漠然としすぎている。質問を募集する際、具体的に的を絞った方が良いのではないか」
「30分という、短い時間で、視覚的情報が得られないため、テーマを明確にしたほうが良い」
「ラジオは耳でしか情報が入ってこないため、内容についていけない部分があった。途中から番組を聴く人でも話がついていけるような体制作りがあると良い」
「今日はたくさん質問が来ているんですという割には、1つの質問にしか答えておらず、いくつ質問があるんだろう?と感じた」
「質問のテーマを予め設定し、そのテーマにそって質問を集めたほうが漠然としてなくて良いのではないか」
「リスナーからの質問が大切になってくる番組であるから、Q&Aコーナーを作った方が良いのではないか」
「今回の番組の内容は、結局はこの放送を聴いて年金に関して疑問を持った人が、女子会ランチセミナーに来て、疑問を解消してもらうという内容であったが、女子会にいけない男性などは疑問が解消されないまま終わってしまう」
「専門用語をもっとくだいて説明したほうが良いのではないか」

【全体として】
「全体の流れとして、バランスが良く、話のスピードも良かった」
「マイクテストをしているのか?と思った。リスナーを意識して、二人の声のトーンを合わせてほしい。打ち合わせの段階で、声が重ならないよう、意思疎通をすると良いのではないか」


7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(平成27年9月1日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
・放送番組の中で公表 番組名 「Daily Cafe」
            日時 平成27年9月1日(火)15:13頃~
・ホームページに掲示

9 その他の参考事項
特になし
by fm797izumi | 2015-09-02 13:54 | ★番組審議会★
<< 〇〇の秋 ージョギング編ー 第30回 少年の主張泉区大会 >>