「第50回 仙台一高 強歩大会」

皆さんこんにちは!
学生リポーターの中村かさねです♪

山の紅葉も深まってきた今日この頃。
紅葉といえば、私の母校、仙台一校のイチョウが毎年きれいだったのを思い出し、久しぶりに遊びに行ってみました!

d0029276_13221027.jpg

ところが残念!まだ青々としておりました(^^;;
11月半ばには、黄金色のイチョウが輝きを放っていることと思います♪

しかし、ここで思わぬ発見があったんです☆

d0029276_13233229.jpg

なんとこの日は、仙台一校の秋の伝統行事「強歩大会」の日でした!
いつも騒がしい学校が静かな理由に納得しながら、懐かしさに浸っておりました…。

前置きが長くなりましたが、今日の大学生のJIMOTO EYEは、その「第50回 仙台一高 強歩大会」をリポートしました!
仙台一高の強歩大会を知るにあたって、抑えておきたい5つのポイントを、私なりにまとめてみたのでご覧ください♪

☆ポイント1 「競歩」ではなく「強歩」!
仙台一高の強歩大会は、一高からゴールの秋保温泉を、“歩いて”目指す行事です!
オリンピック種目にあるような競歩ではないので、走ってもOK。
というかむしろ、走らないと間に合いません!(笑)

※5年前の様子

d0029276_09515033.jpg



☆ポイント2 2つのコースを交互に走る!
強歩大会のコースには、いくつか関門があります。青陵中学校、活牛寺、赤坂公園、広瀬体育館にある関門を通り、そこからサイカチ沼を通る約33Kmのコースと、大倉ダム方面に向かう約42Km(震災後は一部ルートを変更し、39Km)のコースの2つに分かれます!
これを1年ごとに交互に走るんですよ\(^o^)/
※私は短いコースが2回の学年だったので、ラッキーでした(笑)

☆ポイント3 制限時間内に走らないと・・・!?
強歩大会は、例年朝の6時半にスタートし、約7時間以内でゴールしなければなりません。
しかも、関門ごとにも制限時間があり、その時間内に通過しないと、バスで回収されて秋保に向かうことになります(´д` ;)
それだけは避けたいと、みんな必死です(笑)

☆ポイント4 完走・完歩のご褒美は、温泉と豚汁♪
時間に追われ、寂しい林道を抜け、山を2つ3つ越え…
40Kmの道のりは厳しいものですが、歩ききった時の達成感は本当に素晴らしい!!!
そして、ゴールの後にいただける豚汁温泉は、「極楽とは秋保のことか…」と思わせるほど感動します(^-^)

d0029276_10101353.jpg

☆ポイント5 大会実施は木曜日!
これは仙台一校の強歩大会の、最大のポイントなのではないでしょうか。
強歩大会の翌日は、脚はもちろん、おしりや背中、腹筋もスネも、全身筋肉痛!
しかし大会の翌日は金曜日、もちろん通常授業です。
疲労と筋肉痛で曲がらない手足を引きずりながら、登校します(笑)
しかし、この金曜日の授業に出て、そこで初めて強歩大会を全うしたことになり、真の一高生となるのです。
ですから、全校生徒みんな、意地とプライドでこの金曜日を乗り越えます!


楽しい行事が数ある中、強歩大会は辛さの目立つ行事かと思いますが、私は1番大好きな行事でした。
紅葉の中を走るのは気持ちがいいし、ゴールの後の清々しさは一生忘れられないような気分だし。
しかも、3年生にもなると楽々ゴールできるようになっていたのがまた面白い!
それから、1年生の時に一緒に走って以来仲良くなった子とは毎年一緒に走り、彼女は今でも大切な親友です。
そういった意味でも、強歩大会は私にとって思い出深いものなんです。

d0029276_23240227.jpg

強歩大会だけでも50回を迎えた歴史ある仙台一高は、私が入学した年に共学化しました。つまり私は、女子の一回生。
男子校時代の歴史と校風を愛するOBの方々の目と、私たちの行いでこれからの共学化した一高の雰囲気が決まるという責任の重さは、言うまでもありませんでした。
強歩は女子に無理なのではと言う声も上がっていたのですが、その時私の心に湧いてきたのは「無理なことなんてない!」「やってやるぞ!」という気持ち。
男子校の長い歴史と伝統を前に、すぐに一高生と認めて下さいとは言えないけれど、せめて、少しでも、「女子やるなぁ」と思ってもらいたい。そんな思いで三年間、走ってきました。

同じことを考えていた女子学生も多く、私たちの代は参加した女子のほとんどがそれぞれの思いで時間内にゴールしました。
そして聞いた話によると、女子生徒が強歩大会に持つプライドは今も変わらないとのことです。
それを聞いて少しほっとしたのと、OBの皆様や後輩達に恥ずかしくないよう、卒業した今は在学中以上に、自分の行動に責任を持たなければいけないなと身の引き締まる思いがいたしました。

強歩大会には今も昔も、成長の機会を与えてもらっているということに気が付いたリポートになりました。

☆おまけ☆
今日の大学生のJIMOTO EYEは65回目
そして私は、仙台一高65回生。(一高生は○回生ということを重んじます。)
65回目に一高の話をすることになるなんて、小さな偶然でしたが、やっぱり仙台一高は今の私に繋がっているのかなと感じました♪


皆様には、思い出に残っている学生時代の行事はありますか?
今度ぜひエピソード、聞かせてくださいね☆

それでは来週も、よろしくお願いします!



by fm797izumi | 2015-10-20 14:04 | ★リポータの部屋★
<< スウィングジャズライブ 「THEラブ人間」 「ココロオ... >>