「〇〇の秋 ーイベント編ー」 泉マルシェ&嵐


こんにちは!学生リポーターの中村かさねです☆

お彼岸も終わって、過ごしやすい季節になりましたね~。
連休中など、皆さんどこかお出かけしましたか?

私は、シルバーウィークには嵐のコンサートに、26日には泉マルシェに参加して来たんです♪
そこで、今日の大学生のJIMOTO EYEは、「〇〇の秋 イベント編」と題しまして、「泉マルシェ」と「Arashi Blast in Miyagi」の様子をリポートしました!


さて、まずは、先日の泉マルシェのお話から。
泉マルシェとは、泉区を中心とした宮城県内のお店が、泉中央駅ペデストリアンデッキに集結するイベント!
ヨーロッパの朝市の“マルシェ”をイメージしていて、青と白のテントがずらりと並び、軽快な音楽が流れ、いつもの駅がオシャレに変身します☆

お店のひとつひとつを見ても、とにかくかわいくて魅力的!

手づくりのケーキやお菓子のお店があったり

d0029276_12323373.jpg


HYGGE」さんのアンティーク雑貨、乙女心をくすぐりますね~!

d0029276_12322017.jpg


ざおうハーブ」さんでは、お兄さんがハーブについて教えてくれました♪
オリジナルのモヒートも美味しそうだったな~

d0029276_12255062.jpg


他にもソーセージや厚切りハム、ビールにワイン、ワッフルやクレープが誘惑します。
誘惑に負けて食べた「おいもっちー」美味しかった〜!

d0029276_123258.jpg


ステージではシャンソンやパントマイム、ローラーを使ったペイントパフォーマンスなどで盛り上がっておりました☆
d0029276_12315220.jpg


あ、私も遊んでばかりでいないで、場内アナウンスやfmいずみの特番にも出ていましたよ♪

d0029276_12334477.jpg


そんな泉マルシェを支えているのは、宮城大学の公認サークル「ART STANDARD.」。
毎年ボランティアとして泉マルシェを企画、運営してくださっています!

そしてもう一つ大きな力が、市民の皆様からの個人協賛です。
本部ブースでは、来年の開催に向けて協賛を受け付けておりました(*^^*)
個人協賛に協力すると、宮城大学の学生がデザインしたトートバッグがもらます。
120個用意した今年のバッグも、多くの方のご協力により、全て配布できたそうです☆

d0029276_12261231.jpg

中には、「トートバッグは他にも欲しい方がいるから、協賛だけします」という方もいらっしゃりました。
泉マルシェは本当に地元の方々に愛され、支えられているイベントなんですね。
来年はどんなお店に出会えるかな?


さて、日付は前後しますが、もう一つお話ししたかったのが、先日の嵐のコンサート「Arashi Blast in Miyagi」!
その経済効果は93億円と報じられるなど、この秋一番注目を集めたイベントだったのではないでしょうか。

実は私も、密かな嵐ファンの1人。友人と3日目の公演に行ってまいりました、もちろん原付で!
(2万5千人の中で、原付で来た人はほぼおらず、警備員さん達にいじられちゃいました(笑))

d0029276_1059961.jpg


今回の公演は、東日本大震災の復興支援として実現しました。
グランディ21を会場にして、コンサートだけでなく、全国からのお客様に宮城の魅力を楽しんでいただけるような工夫を、嵐のみなさんも考えてくれたんだそうですよ☆

仙台名物牛タンや南三陸のうに丼など、約100店舗の屋台が並んでいたり、アートな一面を持つ大野くんの作品と宮城の子供たちが将来の夢を描いた絵の展示があったり、伊達武将隊の皆様のおもてなしがあったり…。
公演前から、お客様が宮城を楽しんで頂いている様子が伺え、地元の人間としては嬉しかったな♪

そしてもちろん、公演は大盛り上がり!!!!!
ヒット曲を中心にした構成で、一緒に踊れる曲があったり、松本くんピーターパンの様に、お客さんの頭の上や、スタンド席のお客さんの前に飛んできたりして!
そんな演出、誰が見たって「かっこいい〜!!」となるじゃないですか(≧∇≦)
今回は地元開催ということもあり、家族連れや年配の方も多く見られたのですが、本当の意味で大勢の人を楽しませる演出に心が震えました。

そして、特に感動したのが、宮城の学生とのコラボレーション
県内の高校生との合唱や、宮城大学の学生とすずめ踊りを取り入れたダンスを披露してくれました。

大きな存在である嵐が、宮城の私たちに向き合ってくれて、文化を楽しんでくれていることが純粋に嬉しかったし、なにより、共演した学生たちは励まされただろうなぁと胸が熱くなりました。

嵐とステージに上がったこと、2万5千人を盛り上げたこと。素敵な思い出になったんじゃないかな。
そしてきっと、自分たちがこれまで取り組んできたことを、益々誇りに思ったことでしょう。
この出来事はこれからずっと、彼らの心の支えになるんじゃないかしら。
学生さんたちの気持ちを想像したら、なんだか込み上げるものがあり…途中、涙で嵐が見えなくなっちゃいました(*_*)

しかし、その心意気に感動したのは、私だけではないと思います。
「地方の都市にも、スーパースターを呼べるんだ!」「また仕事を頑張って、嵐に会いに行こう!」と勇気を持った人もいると思います。
そういう意味でも、宮城に来てくれた嵐は、コンサートに来た人も来られなかった人も、“一人ひとりに着実に、希望を与えてくれている”という感じがいたしました。
みんなの憧れの存在というのは、本当にすごい力を持っているんだなぁ…(^-^)/

今回は慣れない場所での公演で、地元の方には大変ご協力いただいたと伺い、対策の必要な部分もあるかと思いますが、普段なかなかコンサートを見に行けない方のためにも、また宮城や全国の地域に来てくれたら嬉しいですね!

d0029276_12503986.jpg


イベントを通して、“地元愛”が深まったシルバーウィークでした☆

さてこの秋、他にどんなイベントが待っているかしら♪

それでは次回もよろしくお願いします!

by fm797izumi | 2015-09-29 11:37 | ★リポータの部屋★
<< 第81回スウィングジャズライブ ベガルタ仙台ホームタウンフェス... >>