「父の日」

「あなたがまだおなかの中にいたときね、ママはひどい花粉症だったの。でもおなかに赤ちゃんがいるから薬が飲めないで苦しんでいたとき、パパが一日かけて近所中の草刈りをしてくれたのよ。」

小さい時に母からこんな話を聞いて、胸がじわ〜っと熱くなったの覚えています。
もうすぐ父の日ということで、そんなことを思い出しておりました。

改めましてこんにちは!学生リポーターの中村かさねです♪
今週末6月21日は父の日。今日の「大学生のJIMOTO EYE」は、友人たちに協力してもらい、大学生たちとお父さんについてリポートしました\(^o^)/


みなさんは父の日、何か予定はありますか?
大学生に聞いてみると、プレゼントをあげることで感謝を表現する人が多いようです☆
また、実家を離れて暮らしている学生は、電話やメールを送る!という答えが目立ちました♪

私たちの年代は特に、最近成人を迎えたり、進学や就職などお父さんへの尊敬の思いが強くなる機会が多かったように思います。
直接ありがとうと伝えるのは少々照れくさいようですが、なんとか感謝の気持ちを伝えたいと考えているようですね。

そして今日は、そんな普段は言えない胸の内を地域構想学科の友人たちに書いてもらい、世のお父様方へのメッセージとしてまとめてみました♪♪

d0029276_16272987.jpg


d0029276_17403646.jpg


d0029276_17404966.jpg




d0029276_17090819.jpg


d0029276_1741147.jpg


d0029276_17411387.jpg


大学生って実はこんなことを考えているんですね(*^^*)

感謝や憧れの気持ちを書いてくれた人。体への気遣いを書いてくれた人。時にはすれ違いもありますよね。
いろんな家族があり、家族だからこそ一思いに行かない事もあるかもしれません。
それでもその人が今ここにいるのは、やっぱり家族、そしてお父さんのおかげなのではと思います。

みなさんのメッセージを読んで、なんだか私まで心が温まりました。
お父さん方、みなさんのお子さんも心の中ではこんなことを想っているかもしれませんよ♪


ここまでは学生に注目してきましたが、大学の先生にも、お父さんの立場でお話を聞かせていただきました\(^o^)/

みなさん口を揃えておっしゃることは、育児は楽しい!ということ。
家族や健康、お金や仕事のこと。父親としての心配は尽きないけれど、子どもの笑顔でなんでもできる気がするんだよ、と教えてくださいました。
そして子どもの成長は何より嬉しいけれど、時々それが無性にさびしいものなんだと、ちょっと複雑な親心も聞かせていただきました。

私も、成長した姿を見せることで、父を安心させたいなと考えています。
今年の父の日は何をしようかな…?

今日のリポートにはたくさんの友人に協力してもらいました!本当にありがとうございました^_^
嬉しいことに、これまでのブログはどう見るの?と聞いてくれる人もいたので、ぜひ、このブログの下の「★リポータの部屋★」というボタンを押してみてください♪

それでは来週もよろしくお願いします!

by fm797izumi | 2015-06-17 16:16 | ★リポータの部屋★
<< 第5回紫山音楽祭 阿部アナがナビゲートする地域づ... >>