夏の思い出

みなさんこんにちは!学生リポーターの石川葵です。

早いもので、今月も終わりに差し掛かっていますね(゜_゜)
今日は風が強いですがその風も秋っぽくなってきたなあと感じました。

さてそんな今回は、夏の終わり~♪ということで、私の夏の思い出についてリポートさせていただきました。

普段はインドア派であまり行動的ではない私なのですが、今年の夏は実り多いものにしたいと思い、様々なことにチャレンジしました。
その私のチャレンジをいくつかご紹介します。


まず一つ目は、ボランティアです。先日のリポートでもお伝えしましたが、私は南三陸スマイルアゲインプロジェクトというボランティア団体に所属しており、今月は登米市にあります、南方仮設集会所にて「すまいる縁日」という催しを開催させていただきました。

縁日では、かき氷や水ヨーヨーなどの出店コーナーと手品ショーや一人芝居、合唱といったステージショーを行いました。

当日は集会所が人でいっぱいになるほどの大盛り上がりで、子供からお年寄りの方々までみんなが楽しめる会を開くことができました。

私たちの団体名にもある、「スマイル」であふれた催しをいつもお届けできるよう、今後も南三陸の方々と手を取り合っていければいいなと感じております。
d0029276_13362692.jpg

この写真は今回のスタッフTシャツで、「てっこつないであばいん」というのは、今回の催しのテーマでした!
宮城の方言なのでみなさんお分かりかと思いますが、「(これからも)手をつないで歩いていこう」という意味が込められています。


そして二つ目は、東京での勉強です。勉強といっても普段大学で学んでいるような勉強ではなく、アナウンスのノウハウを学ぶというもので東京まで行ってまいりました!(実は昨日帰ってきたばかりです☆)
期間は3日間と決して長期の滞在ではありませんが、発音や滑舌の基本からニュース原稿の読みまでたくさん教えていただき、中身の濃い3日間となりました。

そんな中、東京で感じたことは「ふるさとが大好き!」ということです。
東京は大都市なので何をするにも便利で、その点はすごくうらやましいのですが(笑)大勢の人であふれていて時間がいそいそとしている印象を受けました。
私は基本のんびりな性格なので、道を歩いていても歩くのがゆっくりで、多くの方のご迷惑になったのではないかと心配しています…笑
そのため宮城に帰ってきて、ゆったりと流れるような時の流れが妙に心地よさというものを感じさせてくれました。

誰しも住んでいるところに愛着がわくのは当たり前のことかと思いますが、住んでいるところを離れ客観的に見つめてみると、その街の素晴らしさに気づくことができるのだなあと思いました。
今回、私はこのコーナー名のように「JIMOTO 愛」を感じ、これからもこのリポートで宮城の良さを発信していけたらいいなと改めて思いました!みなさんこれからもどうぞよろしくお願い致します☆☆


次回は、秋を先取り!ということで「○○の秋」をテーマにリポートしたいと考えています。
来週もぜひお付き合いくださいね~!
by fm797izumi | 2014-08-29 14:26 | ★リポータの部屋★
<< 今年の夏はどうでしたか? 熟女芸人「まつトミ」fmいずみ... >>