ジップラインアドベンチャー&私のボランティア活動

みなさんこんにちは!学生リポーターの石川葵です(^^)

先週はリポートのお休みをいただきまして、学生リポーターの月曜日担当 白鳥美穂さんと水曜日担当 中村かさねさんと3人でスプリングバレー泉高原スキー場の取材に行ってまいりました!
夏なのにスキー場…?と思われた方。なんとスプリングバレーでは、雪がない時期の夏限定で体験型遊園地「空の冒険王国」が開かれているのです!

白鳥さんは天空のゆりガーデンについて、中村さんは空の冒険王国のアトラクションについてをリポートいたしましたが、今回私は「ジップラインアドベンチャー」についてをご紹介いたしました。
ジップラインアドベンチャーとは、ワイヤーロープで森の中の全7コースを駆け抜けるというもので、まるで自分がターザンになったかのような感覚を味わうことができます!

最初は、スタート地点の高さや時速15kmという速さに恐怖心を抱いていた私でしたが、一度体験してみると、風を切る気持ちよさと景色の広大さでどんどん楽しくなっている自分がいました(笑)
写真は、ちょっとどきどきしてスタート地点に立つ私です。高さがあるということ、お分かりいただけるでしょうか?
d0029276_14324323.jpg


ジップラインアドベンチャーは、年齢制限はありませんが、身長120cm以上、体重25kg以上120kg以下の健康な方という制限がございますので、そこはご注意くださいね☆
d0029276_14462392.jpg

営業期間は11月3日までの9:00~16:00となっております。(9月から火曜日が定休です。)
料金はフリーパスとは別に、1人あたり3100円がかかるとのことです。
そしてジップラインアドベンチャーは完全予約制ですので詳しくはスプリングバレーのホームページ、または022-379-3755までお問い合わせ下さい。

大人から子供まで楽しめるアトラクションがたくさんある空の冒険王国へぜひおでかけください!


また、今回は私のボランティア活動についてもご紹介いたしました。
私は「南三陸スマイルアゲインプロジェクト」という団体に所属し、東日本大震災の被災者のみなさんを笑顔にしようという目的で活動しております。
主な活動といたしましては、南三陸の幼稚園や保育所でのクリスマス会を行ったり、仮設住宅での吹奏楽演奏会を行ったりしています。
d0029276_1523868.jpg


今回は、8月17日(日)12:00より登米市南方仮設住宅第1集会所にて「すまいる縁日」というお祭りを開催させていただくことになりました。
カキ氷等の出店やひとり芝居、手品ショーなど盛りだくさんのコーナーをご用意して実施させていただきます。
被災された方々に楽しんでいただけるよう、私たちも頑張ります!

震災から3年ちょっとが過ぎましたが、まだまだ支援を必要としている方々がたくさんいるということを実感しております。
仮設住宅での一番のストレスは、みんなで集まってわいわいとお話しする機会がないということと、大きな音を出すことができないというものだそうです。今回のすまいる縁日では少しでもそのストレスを和らげられるよう、考えて活動したいなと思っております。
そして私のリポートが、「被災された方々に自分ができることはないかな?」とみなさんの考えるきっかけにつながれば幸いです。

来週はインターンシップの関係でお休みをいただきますが、再来週にすまいる縁日の様子もご紹介できたら、と思っておりますのでぜひ再来週もお付き合いくださいね♪
by fm797izumi | 2014-08-15 15:13 | ★リポータの部屋★
<< 「おばあちゃんの味と夏の風物詩」 8/16「アミューズオーディシ... >>