第78回番組審議会議事録

第78回番組審議会議事録

1 開催年月日  平成26年2月18日(火)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席  委員数    6名
         出席委員数  3名
          出席委員の氏名  伊藤賢次 冨樫通明 米本正広
欠席委員の氏名  國井周一 山田富美子 豊島亜沙美  

放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博
                                伊藤智瑛子
4 議題    (1)番組審議 (2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容
審議した番組は、毎週火曜日17:30~17:58に放送している「Have a niceday music」。
2013年4月からfmいずみで放送開始。マーガレット、翔☆美奈見(つばさ みなみ)の女性パーソナリティ2人が毎回ゲストを招いて、ゲストのリクエスト曲、パーソナリティが選曲する懐かしいポップスや歌謡曲など音楽を中心に、楽しいおしゃべりをくりひろげる30分。「一緒に音楽で楽しみましょう」というコンセプトの番組。ゲストのブッキングはパーソナリティ自ら行い、ミュージシャンから会社経営者、住宅関連の仕事の方、光のページェントの実行委員、、マジシャン等、様々な業種の方に出演いただいています。毎回スポンサー情報コーナーも設けて、「ペニーレイン」ライブ情報や飲食店のオススメメニュー、住宅の新築・リフォームといった住宅関連情報などの話題も紹介しています。スポンサーのお店で公開収録を行うなど、スポンサーへのフォロー、リスナーに楽しんでいただける工夫もしています。放送終了後、番組の情報についてSNS(Facebook等)で公開しており、タイムリーで聴くことができないリスナーも、番組内容を知ることができます。
今回は、2月4日(火)放送分について審議しました。番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

「メインパーソナリティが二人の番組はめずらしい。翔☆美奈見さんの話の持っていき方が素晴らしい。たまに行き過ぎる時もあるが、マーガレットさんがとめる。そのやりとりが絶妙」
「テンポがよく、楽しい内容で、情報も盛りだくさん。あっという間の30分だった」
「二人のキャラクターや人脈、多才なゲスト。広がりがある飽きのこない番組。パーソナリティがゲストの特徴を上手くとらえていて、選曲も幅広くていい」
「オープニングでのゲスト自己紹介の部分。短い時間で、3人のゲストのつながりがよくわかった。パーソナリティの話の振り方が上手い」
「ゲストの曲を番組が始まってすぐにかけた点がよかった。説明を長々するよりも、説得力がある。ゲストがどんな音楽をやっているのか最初にイメージができた」
「マジシャンの加藤さんに、マジシャンになったきっかけを聞いたのがよかった。得意なマジックは何か興味がわいた。今度聞いてみたい」
「まえざわさんがやっている2つのバンドに違いについての質問がよかった。いい質問」
「番組後半で、スポンサー情報をパーソナリティが交互に紹介していた。こういうスタイルはあまりないが、良いアイディアだと思った」
「スポンサーが多い番組。それぞれのスポンサーのお得な情報満載で、リスナーにとって有益な番組だと感じた」
「Facebookでの番組紹介。つながりが生まれていいと思う」

 といった声がありました。一方で、次のようなアドバイスもありました。

「声のバランスがバラバラだった。翔☆美奈見さんの声(特に笑い声)が大きく、男性ゲストの声が小さく聴こえた。曲紹介で曲名を聴き取れないことがあったので、ゲストの声の音量を大きくするか、パーソナリティが曲名を復唱する等、工夫してみてはどうか」
「時々、内輪の話があり、ついていけなくなることがあった」
「今回はジャンルが異なる2組がゲストだったが、魅力的なゲストだったので、時間が足りないと感じた。せっかくなので、別々に出演してもらい、それぞれじっくりと話を聴いてみた方がよかったかもしれない。今回はマジシャン加藤さんの話が少なすぎて、物足りないと感じた。メインゲストを換えて、2週にわたって放送でもいいかも。その場合はエンディングで、次回放送の旨を伝えてほしい」
「ペニーレインをはじめ、お店のアクセス方法を付け加えてもらえると嬉しい。番組を聴いて興味をもったので、行くときの参考にしたい」
「スポンサー情報。魅力をもう少し聴いてみたい。全スポンサー情報紹介の他に、毎週1社ピックアップして深く話をするのはどうか」
「番組の最後に翔☆美奈見さんが『変わるわよ』と言っていたが、何が変わるのか疑問が残った」

といった意見も出されました。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(平成26年2月20日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
・放送番組の中で公表 番組名 「be A-live」
            日時 平成26年2月26日(水)9:30頃~
・ホームページに掲示

9 その他の参考事項
特になし
by fm797izumi | 2014-02-28 09:03 | ★番組審議会★
<< ★番組プログラム変更★ ベガル... ☆学生ボランティアリポーター募... >>