第77回番組審議会議事録

第77回番組審議会議事録

1 開催年月日  平成25年12月10日(火)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席  委員数    6名
         出席委員数  3名
          出席委員の氏名  米本正広 伊藤賢次 山田富美子
欠席委員の氏名  國井周一 豊島亜沙美 冨樫通明 

放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博
                                伊藤智瑛子
4 議題    (1)番組審議
(2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容
審議した番組は、毎週木曜日19:30~19:58に放送している「Aitherのこの時間あいてーる?」。この番組は、今年の7月からスタートした新番組です。YUUKA(仙台出身)、AIRI(仙台出身)、MISAKI(秋田県出身)の中学生3人からなるダンスボーカルユニット「Aither(あいてーる)」がお届けする番組!「Aither」のライブや活動報告、学校や日常の話題などメンバーの等身大の素顔がわかるトーク番組です。
今回は、12月5日(木)放送分について審議しました。番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

「今どきの中学生の様子を知ることができる番組。普段の日常会話をそのまま聞いているような感覚だった」
「脈絡のない会話だが、逆に『次は何を話すのか?』とドキドキした」
「軽快なテンポのジングルが途中何度も流れ、いい味を出していた」

 といった声がありました。一方で、次のようなアドバイスもありました。

「声のバランスがバラバラ。もう少し聞きやすいように配慮してみてはどうか」
「話したい人が話したいことを話すのではなく、アイテールのメンバー内で誰が進行役になるかなど役割分担をして話をすると、もっと会話がスッキリすると思う」
「秋田出身のメンバーの声も聞いてみたい。距離と学業の都合上、一緒にスタジオで収録することは難しいと思うので、イベント出演でみんなで集まった際に声を録音したり、スカイプやラインなどを使ってやりとりするなど、できる限り声や想いを電波にのせてみてはどうか。MISAKI通信のようなメンバーの想いを伝えるプチコーナーをつくるのもいいかもしれない」
「宮城県と秋田県。日頃どうやってレッスンをしているのか疑問。そのような話も聴いてみたい」
「エンディング、曲紹介をしてそのまま番組が終わった。リクエストの呼びかけなど、  エンディングであることをしっかりと匂わせてほしい。突然終わりびっくりした」
「アイテールを初めて知った人のためにも、毎回簡単なグループ紹介、アイテールのキャッチコピーなどを冒頭に入れてほしい」
「あまちゃんのように、地元のアイドルとして、同級生・地域の人たちの声や反響などを伝えてみてはどうか」
「名古屋ライブの告知について。具体的な会場名や開演時間など、しっかりと伝えてほしい。インターネットやアプリで全国の人が聴いているかもしれないので、仙台以外の情報も丁寧に伝えてほしい」
「ゲストの中に男性がいたが、アイテールは女性だけのユニットなので、男性の声が入るとメリハリが出ていい。今後も意識的に男性の声を番組に入れてみてはどうか」
「ただ、言いたいことを言い合う番組ではなく、リスナーの存在を意識した番組としての話をしてほしい」
「それぞれ一人一人の個性が出るような話題をもっとしてみてはどうか。また、中学生  ならではの給食や部活、勉強などの等身大の話も聴きたい。話し手の顔が見える話を」
「曲をかけるときに、ただかけるのではなく、誰が作詞作曲したのか、どんな想いが込められた曲なのかなどを説明してから放送すると、もっと曲を深く聴くことができる」

といった意見も出されました。若さ溢れる楽しい番組ですが、番組であることを意識して収録していくと、さらに魅力的な番組になるといった声が多く寄せられました。


7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(平成25年12月13日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
・放送番組の中で公表 番組名 「Daily Cafe」
            日時 平成25年12月17日(火)15:15頃~
・ホームページに掲示

9 その他の参考事項
特になし
by fm797izumi | 2013-12-17 15:19 | ★番組審議会★
<< 年末年始特別編成のお知らせ 清月記から「おせち」「歳末セー... >>