第75回番組審議会議事録

第75回番組審議会議事録

1 開催年月日  平成25年8月20日(火)午後7時~
2 開催場所   地下鉄泉中央駅ビル4F 会議室(小)
3 委員の出席  委員数    6名
         出席委員数  4名
          出席委員の氏名  國井周一 冨樫通明 米本正広 伊藤賢次
欠席委員の氏名  山田富美子 豊島亜沙美

放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博
                                伊藤智瑛子
4 議題    (1)番組審議 (2)その他

5 議事の概要  議題(1)についての審議

6 審議内容
審議した番組は毎月第1・3・5水曜日17:00~17:28に放送している    「まつトミの!まっちゃんトミちゃん笑(ショー)」。パーソナリティはお笑い芸人の「まつトミ」。仙台弁の産湯につかり仙台弁をこよなく愛し使い続けたまつトミ・まつもとの『仙台弁講座』。長生きはするもんだねぇ。上に行けば行くほど褒めたくなる程頑張ってる人がよっく見える…っつう事で、まつトミ・トミちゃんの『褒めちゃいたいの』。エンディングではまつトミ・まつもとの『辞書にない名言』をお届けすっす。
今回は、7月17日(水)放送分について、審議しました。

番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

<番組全体>
「二人の掛け合いやテンポが素晴らしい。コーナーもしっかりと区切られていて良かった」
「中高年向けの楽しい番組。中高年が対象と考えた場合、放送時間帯はもっと遅いか、  土日だといいと思う」
「二人の声が聴きやすかった。ただ、BGMや曲、声のボリュームやバランスがバラバラだった。整えていくともっと聴きやすくなる」
「番組内で放送した曲は昭和の香り漂うもの、懐かしかった。ジュディ・オングのことを『クリオネ』と表現していて大笑いしてしまった」
「失敗してもフォローが上手いので、生放送もできそう」

<まつトミ・まつもとの仙台弁講座>
「仙台弁がわかる人、50代以上の人にとって、楽しみなコーナー」
「県外の出身なので、なかなか仙台弁を聞き取れなかった。誰が聴いても言葉を聞き取れるように、ネイティブな仙台弁のあと、わかりやすい標準語で説明を入れてほしい」
「まっちゃんに、このコーナー以外でも、わかりやすい仙台弁を使ってほしい」

<まつトミ・トミちゃんの褒めちゃいたいの>
*今回はマーガレット・ヒルダ・サッチャーをピックアップ
「サッチャーの人となりが伝わってきた。知っているようで知らない情報が多かった」
「言葉を選びながら、ゆっくりと説明していて聴きやすかった」
「褒めるというよりも、裏側紹介といった感じ」
「サッチャーは政治家なので、政治家として何をやったのか、もっとつめて話してほしかった。また、最終的にサッチャーの何を褒めたかったのかわかりにくかったので、   もっと明確にしてほしい」
「ただサッチャーの情報を話すのではなく、お笑い芸人としての視点で楽しく話してみてはどうか」

<今後の出演情報>
「イベント開催の趣旨やこれまでの流れなど、もっとイベントの紹介を聴きたかった。
また、出演するイベントの会場を伝え忘れていた。開催日時と会場は必ず入れてほしい」

<まつトミ・まつもとの『辞書にない名言』>
「『クスリはリスク。クスリよりもクスリクスリ笑った方が健康にいい』、本当に名言だと思った。締めにぴったり」

といった意見が出されました。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置およびその年月日
番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていただくこととした。(平成25年8月21日)

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその内容、方法及び年月日
・放送番組の中で公表 番組名 「be A-live」
            日時 平成25年8月27日(火)9:30頃~
・ホームページに掲示

9 その他の参考事項
特になし
by fm797izumi | 2013-08-27 12:23 | ★番組審議会★
<< 「Live impact ra... 2013仙台オペラ協会第38回... >>