第60回番組審議会議事録

第60回番組審議会議事録

1、開催日時  平成23年2月16日(水)午後7時~
2、開催場所  地下鉄泉中央駅ビル3F 交流サロン
3、委員の出席 委員数    7名
        出席委員数  5名
        出席委員の氏名  冨樫通明 伊藤賢次 國井周一
                       米本正広 豊島亜沙美 
放送事業側出席者氏名  専務取締役放送局長 作間吉博
                              伊藤智瑛子
4、議題    (1)番組審議
(2)その他
5、議事の概要   議題(1)についての審議
6、審議内容
今回は、毎週土曜日18:00~18:28に放送している「ライブハウスインフォメーション(平成23年2月12日放送分)」について審議しました。
「ライブハウスインフォメーション」は、さとうまおがナビゲーターを務めています。
全国的に見た時に、人口に対してのライブハウスの数が多いと言われている仙台市。
その中でも、特に長い歴史を持つ「仙台MACANA」「仙台CLUB JUNK BOX」「LIVE HOUSE enn」の3つのライブハウスの、それぞれ名物店長、名物店員を週替わりでお迎えして、近日中に行われるライブの情報をお届けしている番組です。
ライブハウスによって番組構成が違いますが、まだあまり有名ではなく今後人気が出てくるであろうバンドやアーティストについて、間近で見ている方たちからの説得力のある紹介が特徴。実際に、この番組で取り上げられた後にヒットを飛ばすバンドも多く、周りの人よりも先に新しい良いバンドを知りたい、チェックしたい、と思っている方に好評の番組です。今回は、老舗ライブハウス「仙台MACANA」の店員さとうさんからの情報が満載です。


<審議内容>
番組審議委員から番組に対して出された意見は以下の内容です。

「番組全体の流れやテンポが良い」「二人のトークが自然で絶妙な掛け合いなので、聞いているだけでライブに行ったような楽しい気持ちになれる」「バンド紹介の方法や内容が素晴らしい。バンドの個性や人間性を独自の表現で紹介し、聞き手に興味を持たせる魅力的な番組だと思った。次回も聞きたい」「曲をかけた後にバンド紹介をしている点について。先入観なく音楽を楽しめる効果的な手法だと思う」「ニコニコ動画から700万ヒットしブレイクした歌手の紹介について。動画サイトからのブレイクという流れがあると知り、とても驚いた。今の音楽の姿を知ることができ新鮮だった」「オープニングでバレンタインデーのライブハウスの話をしていたが、タイムリーな話題でよかった」「地元出身のバンドを取り上げていて、その姿勢に好感が持てた」「ライブ好きだが、なかなか忙しくて音楽雑誌を見る時間がないので、注目のアーティストを30分で知ることができる番組があると助かる」という意見が出されました。

一方で、
「日程とバンド名が聞き取りにくい。大事な情報はゆっくり話し、数回繰り返してほしい」「ナビゲーターの声のボリュームが小さく、ゲストの声が大きかった。調整すると聴きやすくなると思った」「ナビゲーターの相づちで『うんうん』が多いのが気になった」「出演バンドのキャラクターがわかるように、メンバーやお客さんの声を放送してみてはどうか」「初めて聴いた人でもわかるように、仙台MACANAの場所やチケット料金などの説明があるといい。また、出演スタッフの名前をオープニングで紹介するときは、下の名前だけではなくフルネームで紹介してほしい」「30分番組で7曲かけるのは多いと感じた。曲数を減らし、その分1曲1曲を長めに流して内容を充実させてみてはどうか」「エンディングで今回紹介したバンドの出演日時をまとめて教えてほしい。また、次回出演するライブハウスの名前も教えてほしい」

以上のようなアドバイスもいただきました。

7、審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置
 番組審議会より番組制作者に審議内容を伝え、今後の番組制作に反映させていきたいと考えています。

8、審議機関の答申及び意見の公表内容、方法
・放送番組の中で公表 番組名 「Come and Go!」
            日時 平成23年2月22日(火) 14:20頃~ 
・ホームページに掲示
by fm797izumi | 2011-02-22 15:26 | ★番組審議会★
<< 「泉コロナシネマワールド」チケ... 地域の交流サロン「ここぷな」です >>